Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

神田敏晶

神田敏晶

認証済み

ITジャーナリスト・ソーシャルメディアコンサルタント

報告

これはARMの売却スキームのストーリーだ。現在では別名『ソフトバンクG法』として、法的に穴埋めされている…。当時は、【1】約3.3兆円(243億ポンド)で買収したARMを、【2】株主配当で、1兆4000億円を減損させ、【3】SVFへ1.9兆円で売却  損金は1.4兆円の損失で、法人税はゼロ円。しかし、損失額の30%は追徴課税として、4,200億円の申告漏れ扱い。それでも、1兆円は損金扱いで、利益確定だ。しかも、【4】3.3億で買ったARMをnVideaに4.2兆円分の株式で売却し、78兆円の時価総額のエヌビディアの筆頭株主である。23倍もの価値創出なのである。 カラクリも何も、法律上問題のなかった節税スキーム。倫理的にどうのこうのではなく、そういうザルな法律だったことを恥じるべきと、この錬金術を生み出したファイナンス方は一度切りとはいえ見事だ。

こちらの記事は掲載が終了しています

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア
参考になった12

コメンテータープロフィール

神田敏晶

ITジャーナリスト・ソーシャルメディアコンサルタント

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。2020年より沖縄県北部へ移住。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

関連リンク(外部サイト)

神田敏晶の最近のコメント