塩田亮吾

日本に漂着する北朝鮮漁船、遺骨――供養しているのは誰か

2/18(火) 6:58 配信

毎年、秋から冬にかけ、日本海沿岸では不審な木造船の漂着が相次ぐ。新潟県の佐渡島もそうした場所の一つだ。木造船は日本海でイカ釣りをする北朝鮮籍の漁船とみられる。日本の排他的経済水域、EEZ内で違法操業を行う船も多いという。粗末な船での漁は、船員にとっては命がけだ。日本海の荒波で転覆し、命を落とす船員も少なくない。浜に流れ着く船、遺体。それを処理し、供養するのは誰なのか。冬の佐渡島に飛んだ。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

ルポ・現場を歩く 記事一覧(32)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。