Yahoo!ニュース

【周南市】住宅街に隠れ家感のある「リクロスカフェ」オープン! 県内2カ所のふわとろかき氷も!

はるあき地域ニュースサイト号外NETライター(周南市・下松市)

今回は周南市都町の「リクロスカフェ」のご紹介です。

2024年5月15日にオープンしたばかりの「リクロスカフェ」。

徳山駅前図書館から線路沿いを新南陽方面へ進んだ住宅街にあるお店は、ちょっと隠れ家感があります。

素敵な外観なのですが、どんなお店なのでしょう?

早速お邪魔してみました。

店内は左側にカウンター席、

右側にテーブル席やソファー席が用意されています。

窓から緑が見え、柔らかい日が差し込む店内。素敵です。

メニューはドリンク類、うどん(肉・きつね)、とろけるかき氷、米粉のシフォンケーキなど。

とろけるかき氷・ショコラ(700円)
とろけるかき氷・ショコラ(700円)

筆者はとろけるかき氷(ショコラ)を注文してみました。

やって来たかき氷はふわっふわっでエアリー。

普通のかき氷ではありません。

それもそのはず。このかき氷を食べられるのは山口県で2カ所だけ。

下関、そして周南市のリクロスカフェだけだそうです。

お味も色々あるのですが、筆者が選んだショコラはベルギー産で濃厚な味わい。

こちらのかき氷はシロップをかけるのではなく、氷自体がそのお味になっているので、どこを食べても濃厚なのです。

滑らかな口溶けのショコラ。

最初はふわふわの中にもシャリっとした独特の食感。

そして、時間が経つと、濃厚でねっとりしたジェラートのような食感を楽しむことが出来ました。

きつねうどん(700円)
きつねうどん(700円)

他のメニューであるうどんは、ご飯やお漬物付き。

ドリンク類もちょっと変わったものがあり、気になります。

お花やディズニーの絵画などが飾られていて、癒される空間
お花やディズニーの絵画などが飾られていて、癒される空間

素敵な空間にこだわりのメニュー。ランチにカフェに活躍してくれそうなお店です。

でも、こちらのリクロスカフェ、それだけではないのです。

幸せになれるというフォトスポットまであるのです!

そのフォトスポットとはこの壁面。

羽が生えた馬。その周りを花びらのように舞う羽。とってもかわいい「夢叶う白馬」です。

かき氷を持って撮影するのがおススメ。筆者は上手く撮影できませんでしたが、Instagramには素敵なお写真があります。
かき氷を持って撮影するのがおススメ。筆者は上手く撮影できませんでしたが、Instagramには素敵なお写真があります。

こちらで撮影をすれば、思わず笑顔になってしまいそうですね。

5月15日に開店したばかりの「リクロスカフェ」。現在は週2日の営業となっています。

オーナーさんによると、

2024年6月中は水・木(11時30分~14時00分)、

2024年7月からは月~金(11時00分~14時00分)、

での営業を予定されているそうですよ。

7月からは、より利用しやすくなりそうですね。

オーナーさんもスタッフの方も温かい雰囲気の「リクロスカフェ」。

今後は「工房エリー」から業務委託という形で障害を持った方が働きに来られる予定もあるそうです。

更に、6月末頃には、その方々が作製したメダカ盆栽が展示予定となっています。

メダカ盆栽、個人的には聞き慣れなかったのですが、お写真を見たらとっても素敵でした。

ゆくゆくはメダカ盆栽を販売される予定もあるそうですよ。 楽しみですね。

5月15日にオープンしたばかりの「リクロスカフェ」

お客様も事業所利用者様もみんなが笑顔になれる、そんな場所になっていきそうな予感がする、そんな素敵なお店ですよ。

県内2カ所でしか食べられないかき氷も必食ではないでしょうか。

気になる方は、ぜひInstagramを確認してみて下さいね。

オープンしたばかりのお店なので、ゆったりした気持ちで足を運んでみるのがおススメです。

そして、2024年6月22日(土)にはカフェ営業ではなく、「necomamacafe+6」というイベントが開催予定となっています。

五感を刺激してくれるスペシャリストが集合するそうですよ。興味がある方は、こちらもチェックしてみてはいかがでしょう。

【店舗情報】
店名:リクロスカフェ
所在地:周南市都町2‐57
Instagram

地域ニュースサイト号外NETライター(周南市・下松市)

周南市って、下松市ってどんなところ?ずっと暮らしていても、口ごもってしまいます。一言では伝えられませんが、こんなに素敵で楽しいことがあるのに知らないままなんてもったいない!そんな気持ちで地域の情報を発信していくので、チラッとでも覗いて頂けるとうれしいです。

はるあきの最近の記事