Yahoo!ニュース

【鳥羽市】博物館併設のカフェでチャーハンとスィーツと自家製やまももスカッシュでドライブ中に一休み

一条依久乃Webライター(志摩市・鳥羽市)

志摩市から鳥羽市まで続くパールロード、牡蠣で有名な浦村に海の博物館があります。今回お邪魔したのは、その海の博物館に併設されたカフェテラスあらみです。

志摩方面からパールロードを鳥羽方面に、鳥羽展望台を過ぎ約8分、看板が出ているのでとても分かりやすいです。

駐車場も海の博物館側と、道路を隔てた所の2か所があり、バスを停められるスペースもありました。

黒塗りの木の壁面に瓦屋根の建物が何棟も建っていますが、カフェテラスあらみは博物館入り口の反対側で、カフェのみの利用も可能です。

今の時期もカレーですが、牡蠣が食べられるんですね。

店内はヒノキや杉をふんだんに使った落ち着く空間になっています。

4人掛けテーブルが4つ、8人掛けテーブルが1つです。

フードも牡蠣、あおさ、アラメと流石のラインナップですね。軽食と言えど、地元産にこだわっています。

伊勢うどんもシンプルなものだけじゃなく、アカモクいりや、牡蠣カレー伊勢うどんというものありました。

牡蠣カレー?伊勢うどん?この合体は初めて見ましたが、味の想像がつきません。

ドリンクもカラフルで美味しそうです。そして珍しいサンパチ珈琲のコーヒーがありました。取り扱い店舗は志摩市のトッポリーノしか知りませんでしたが、こちらでも飲めるんですね。

ところてんのスィーツもあります。鳥羽市では天草がよく採れるのですね。

かき氷も始まっていました。

注文したアラメ入りチャーハン・700円とやまももスカッシュ・500円

やまももスカッシュのやまももは海の博物館の敷地内で採れたものなんですって。上に乗っているのは冷凍されたやまももです。

チャーハンにはアラメがトッピングされていました。アラメの煮物や酢の物はよく食べますが、チャーハンに入っているのは初めてです。ほんのり磯の香りがして美味しいアクセントになっていました。

抹茶のミニパフェ・400円

抹茶アイスにチョコソースとフローズンフルーツがトッピングされています。

さっぱりとしたフルーツがよく合います。

博物館併設なのに普通のカフェよりもリーズナブルなラインナップ、そして鳥羽ならではの食材をふんだんに使ったオリジナルメニューの数々、パールロードを利用したら是非、カフェテラスあらみにお立ち寄りください。

~カフェテラスあらみ~

住所  :鳥羽市浦村町大吉1731-68 海の博物館
電話番号:0599-32-6006
営業時間:10:00~16:00(L.O.15:30)
定休日 :火曜日・水曜日・臨時休業の場合あり
公式Webサイト(海の博物館)はコチラ

Webライター(志摩市・鳥羽市)

2008年からブログライターを始め、音楽、家電、ゲームなどの発売前のデモ体験記やホテル、旅館、レストラン紹介など様々なジャンルを3000案件以上執筆しました。風光明媚、うまし国・伊勢志摩から新鮮な飲食店のお薦め情報などを皆様にお届けいたします。

一条依久乃の最近の記事