Yahoo!ニュース

もう煙で臭くならない!【キャンドルの正しい消し方】をキャンドル作家が教えます。〜超かんたん〜

しょうこ癒し/美容 ライター

キャンドル、正しく消せてる?

癒しアイテムが大好き、キャンドルが大好き、ライター&キャンドル作家のしょうこです。

寒い日に使うと、あったか〜い気持ちになれるキャンドル。炎をじっと見つめているだけで、疲れた心がなんだか癒されていく。秋〜冬、ホリデーシーズンは、使う方が特に多いんじゃないでしょうか?

ところで、

キャンドルを消すとき、どうやって消してますか?

吹き消しNG!キャンドルの正しい消し方

芯の根本をチョンと倒すだけ
芯の根本をチョンと倒すだけ

普通に「ふ〜〜〜うっ!!!」って吹いて消すに決まってるじゃん。と、思ったあなた。

実は、それダメーー!!!なんです。

じゃあ、どうすればいいの?

正しい消し方はとっても簡単。

写真のように、【ピンセットで芯の根本から、溶けたロウの中へ倒して消す】

これが正解です。

倒すとすぐに火が消える
倒すとすぐに火が消える

ふ〜〜〜うっ!!と吹き消してしまうと、臭い煙が出ませんか?実はあの煙、身体に良くない煙なんです。。部屋の中がしばらく煙臭くなるのもイヤですよね・・・

今回ご紹介する「芯を溶けたロウへ倒す方法」だと、煙は一切出ません。

芯にもロウがコーティングされるから、次に火をつけるときも、火がつきやすくなるんです。

身体にも、キャンドルにも、やさしい方法。

倒したら、芯はまっすぐに戻す
倒したら、芯はまっすぐに戻す

火が消えたら、【芯をまっすぐに戻す】ことも忘れずに。倒れたままだと、そのまま固まって芯が埋まってしまい、次に使うとき、火がつかなくなります。ここだけ注意しましょう。

ただし、お誕生日ケーキは、おもいっきり吹き消そう♪
ただし、お誕生日ケーキは、おもいっきり吹き消そう♪

いかがでしたか?
超かんたん&シンプルな方法なのに、キャンドルにとってはすごく大切なコツをご紹介しました。

正しい消し方をマスターして、安心&安全なキャンドルライフを送ってください。

普段あまりキャンドルを使わない方、この冬にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
あったか〜い気持ちになれますよ^^ ※使用中は目を離さないように

癒し/美容 ライター

WEBライター&キャンドル作家。〜わたしと地球にやさしい暮らし〜 をテーマに、ストレスのプロ?な「繊細筆者」が、癒し&美容&サスティナブルにまつわる情報を発信中。

しょうこの最近の記事