投資で富を築きたい人が読むべき厳選3冊

写真はイメージ(写真:アフロ)

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。世界三大投資家のジム・ロジャーズ氏にインタビューを何度かしたのですが、資産運用でオススメの本を3冊教えてもらったのでその本のエッセンスをお伝えしようと思います。

ジム・ロジャーズ氏の凄さの一つとして1000年前に起こった世界経済に関係する重要な出来事などを年号と共に覚えていて、事例付きで解説をしてくれることだと感じました。もちろん1000年も前に生きていたわけではないので、良書をたくさん読んで学んでいるのです。

推薦本の中には50年以上前の本もあるのですが、時の試練に打ち勝った良書ばかりで値段も落ちていません。中古でないと入手困難な本や、1000ページ弱、1万円程度の本もあります。金融関係者でないと読解困難な部分もありために、それらの要約と本から学べることを解説していきます。

1. ベンジャミン・グレアム+デビッド・L・ドッド著『証券分析』(PanRolling)

プライベートバンカーやファイナンシャルアドバイザー(証券会社の営業マンなども含む)など金融職の人を始めとして個別株や債券に投資をしている個人投資家は常に手元に置いておきたい本です。

この記事は有料です。
アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバー2020年2月サンプル記事

花輪陽子

価格

660(記事2本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ