貯蓄率47.1% 中華系から学ぶ圧倒的な貯金力

写真はイメージ(写真:アフロ)

OECDの調査によると、GDPに対する中国の貯蓄率は47.1%と、日本の4.5%に比べると圧倒的に高くなっています。

OECD date
OECD date

CEICによる総貯蓄率(2018)によると、強制貯蓄制度のあるシンガポールは47.7%と中国に匹敵する貯蓄率を誇ります。シンガポールも中華系が約7割の国です。

私がシンガポールで取材をした、世界三大投資家のジム・ロジャーズ氏によると、貯蓄率の高さが、その国の将来性を測る指標になるということです。

「かつて日本人の家計貯蓄率は10%を超える水準で、世界的に見ても高かったのだが、バブル崩壊以降、年々落ち込んでいる。」『日本への警告』(講談社+α新書)

貯蓄力からも日本の勢いは落ち込んでいますが、個人ベースではイケイケの日本人もたくさんいて、特に海外では出会う機会が多いです。

今回は驚異的な貯蓄率を誇る中華系から学ぶ、その圧倒的な貯金力とお金の哲学をお伝えしたいと思います。

驚異的な貯蓄率から中華系はさぞかしケチなのだろうと思われるかもしれません。しかし、中華系は割り勘を嫌います。「中国人の爆買い」という言葉もあるくらい、お土産も豪快に買って知り合いに配ったりもします。

ではなぜ、これほどまで貯められるのでしょうか。

貯金をする動機が日本人とは違う

この記事は有料です。
アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバー2020年1月サンプル記事

花輪陽子

価格

660(記事2本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ