海外旅行中に医療費の高額請求や預け荷物の紛失、どうすればいい?

写真はイメージ(ペイレスイメージズ/アフロ)

ゴールデンウィークに海外旅行に行っている人も多いでしょう。

海外で病気やケガをすると渡航先によっては高額の治療費を請求されたり、「航空機に預けた荷物が戻ってこない」「所持品が盗まれた」などのトラブルも考えられます。トラブルに備えて、海外旅行保険に加入する人も多いでしょう。今回は海外旅行保険の活用方法についてお話しします。

航空機に預けた荷物が戻ってこない場合、すぐに必要にな身の回りの物を購入しなければなりませんが、こうした費用も保険の対象になる場合があります。海外旅行保険の保険証券やしおりに書いてある連絡先にコンタクトをして必要な処理を確認しましょう。

保険会社によっては無料通信アプリ「LINE」(ライン)で、保険会社とやりとりができるサービスもあります。Wi-Fi(ワイファイ)がつながれば、基本的に無料でやりとりできるというメリットがあります。国際電話をしなければならずに通信費などがかかった場合には、領収書などでその明細を証明できれば後から請求できる場合もあります。

すでに渡航している人は加入済みの海外旅行保険やクレジットカード付帯の保険を活用し、これから海外旅行に出かける人はクレジットカードなどで加入している保険の補償に内容を上乗せして充実させると言う手もあります。クレジットカードに付帯されている保険の場合、旅行代金などをそのクレジットカードで支払った場合に保険が適用されるなどの条件が付いている場合もあるので本当に利用できるのかを確認すべきでしょう。

カードを複数所有していれば、死亡・後遺障害以外の補償額は合算できる場合もあります。手持ちのカードのサービスの補償範囲と内容を事前にしっかりと把握して、無駄な掛け金を払わずに十分な補償を受け取れる場合があります。

海外旅行保険は旅行直前に入るなら、自宅などでインターネットで保険を十分に比較してから入った方がメリットは多いです。その多くは、補償は自宅を出た時からになり、保険料も安価な場合があるからです。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。