現役選手がうらやましい…『桑田真澄氏、巨人コーチ就任』 僕が18番から教えてもらったプロの背中

(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 プロ2年目の開幕直前だった。「浩治、ちょっと外野を走ろうぜ」。東京ドームでの全体練習のとき、開幕投手に決まっていた私に声をかけてくれたのが、桑田真澄さんだった。

 「周りに流されないように」「自分がやってきたことを信じればいいから」。初めての大役を任された私に、開幕に向けた心と体の準備についてアドバイスをくれた。貴重な言葉だった。プロ1年目から、ずっと背中を追いかけてきた。食事に連れていってもらい、プロの世界のことをたくさん教えてもらった。

 チームメートは仲間でもあり、ときに自分を脅かす存在にもなるライバルでもある。それでも、桑田さんは惜しみなく、多くを教えてくれた。プロ1年目のオフ。「沢村賞」と金で刻印された高級時計をプレゼントしてくれた。「KKコンビ」が活躍する甲子園にあこがれた野球少年にとって、うれしさは半端ではなかった。バッテリーを組ませてもらった村田真一さんと同様に「ジャイアンツで成功できたのは桑田さんのおかげでもある」と、今でも感謝の気持ちをずっと持っている。

 年明け早々、うれしいニュースだった。桑田さんが巨人に指導者として戻ってくるという。15年ぶりの巨人復帰で、NPBでの指導は初めてだ。「ピッチャー陣が変わるかもしれない」。ツイッターですぐにつぶやいた。現役時代もまず、自分のやるべき練習をきちんとこなす印象があった。リハビリ中にできた「桑田ロード」が物語っている。引退後は大学院にも通った知性派だ。

 体の使い方などの知識もすごく持っていて、理論派のイメージに惑わされてはいけない。当時のPL学園の猛練習に耐えた桑田さんは、厳しい鍛え方も知っている。指導方法にたくさんの「引き出し」があるはずだ。投手陣にとっては宝の山だろう。

 報道によると、肩書は「投手チーフコーチ補佐」。原監督のコメントには「水を得た魚のごとく非常に目を輝かせて・・・」とあった。桑田さんはやる気だ。現役の投手陣がうらやましい。遠慮はいらない。懐に飛び込めばいいと思う。桑田さんの理論と知識をお腹いっぱいになるまで吸収できるチャンスが目の前にある。