ライーシー新大統領が選挙で訴えた政策の一つが腐敗の撲滅である。前提となっている認識は、ローハニ―政権が汚職を許してきたである。だが本当にそうであろうか。