9月10日 アリゾナ州トゥーソン カジノ・デルソル

WB0世界フライ級タイトル戦

王者

中谷潤人(M.T/23歳/21戦全勝(16KO))

12回戦

挑戦者、元WB0世界フライ級王者

アンヘル・アコスタ(プエルトリコ/30歳/22勝(21KO)2敗)

 日本が誇る逸材、中谷の米国デビュー戦が目前に迫っている。サイズ、スキル、パワーを備えた王者は、軽量級屈指の強打者でもあるアコスタを相手にどんな戦いを見せるのか。楽しみな一戦はアメリカでもESPN+で放送される。

 今回、興行を主催するトップランクのカール・モレッティ副社長に、中谷対アコスタ戦の見どころ、今戦がトップランクのイベントに組み込まれた経緯、さらに同社の傘下選手である井上尚弥(大橋)の今後などについて尋ねた。

中谷潤人のV1戦がアメリカ開催のわけ

 中谷対アコスタはすごい試合になるだろう。そうならないとは考えられない。どちらが勝つかはわからないが、どこかで両選手がダウンするかもしれない(笑)。そうなったら、(興行主の)私たちには素晴らしいことだ。

 中谷の試合は過去1戦だけ目を通した。エキサイティングで、技術的にも優れている。ただ、彼はフライ級というアメリカでは人気とはいえない階級で戦っている。メキシコや日本では事情は違うのだろうが、アメリカではフライ級の選手がメインストリームにのし上がるのは容易ではない。

 今後、スーパーフライ級、バンタム級と上げていけば、アメリカでもより大きな試合ができるだろう。

 中谷はトップランクの所属選手ではないが、6月、ラスベガスでのワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)対中谷正義(帝拳)戦の際に中谷(潤人)の交渉窓口になっている帝拳ジムのミスター本田(明彦会長)から打診を受けたんだ。

 (5月29日に)日本で中谷対アコスタ戦を挙行するつもりが、キャンセルになって、開催が難しくなっているという話を聞いた。その流れで今回の興行に組み込まれることになったというわけだ。

日本メディアの質問に答えるモレッティ副社長 撮影・杉浦大介
日本メディアの質問に答えるモレッティ副社長 撮影・杉浦大介

 アコスタ戦は中谷にとって、いわば“オーディション”なのか?答えは「イエス」と「ノー」の両方だ。ここで良い試合をして、勝ったなら、トップランクはまた中谷を起用することに興味を持つだろう。

 ただ、年内の私たちのスケジュールにうまく合うかどうかはわからない。ともあれ、ESPN系列で戦えば、人々の目にはつくわけだし、機会があれば私たちはまた中谷の試合を組むかもしれない。

 井上尚弥(大橋)に関しては、井上の陣営は12月に日本で戦うことを希望している。ただ、日本で試合をするなら観客を入れて行わなければならないが、現在の日本の状況は私には詳しくわからない。

 井上が年内にアメリカで試合をするとは思わない。いくつか見極めていかなければいけないことがあるのだが、(現状では)ないと思う。

関連記事

「中谷潤人にはスターの要素がある」WBOフライ級王者、米デビュー戦を現地記者が予想