[全訳] 米朝シンガポール首脳会談 共同合意文

共同合意文に署名した金正恩委員長とトランプ大統領。写真は国際メディアセンター提供

シンガポール首脳会談 共同合意文

トランプ米合衆国大統領と、金正恩朝鮮民主主義人民共和国国務委員長は、2018年6月12日、シンガポールで歴史的な初めての首脳会談を開催した。

トランプ大統領と金正恩委員長は米国と朝鮮民主主義人民共和国の新たな関係の樹立、そして朝鮮半島の持続的で強力な平和体制構築について包括的で、深みのある真心の込もった意見を交換した。トランプ大統領は朝鮮民主主義人民共和国に安全保障を提供することにし、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に対する強固で揺るぎない意志を再確認した。

米国と朝鮮民主主義人民共和国の新しい関係の樹立が、世界の平和と繁栄に寄与するという確信と、相互間の信頼構築が朝鮮半島の非核化を増進するだろうという認識を持ち、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように発表する。

1. 米国と朝鮮民主主義人民共和国は、平和と繁栄のための両国民の要望に基づき、新しい米朝関係を構築することを約束する。

2. 米国と朝鮮民主主義人民共和国は、朝鮮半島における持続的で安定した平和体制を構築するための努力を共にする。

3. 2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、朝鮮民主主義人民共和国は朝鮮半島の完全な非核化のため努力することを約束する。

4. 米国と朝鮮民主主義人民共和国は、すでに発見された遺骸の即時的な本国送還を含む、戦時捕虜と戦闘中行方不明者(POW/MIA)の遺骸発掘を約束する。

歴史上はじめて開かれた米国と朝鮮民主主義人民共和国の首脳会談は、両国家間の数十年におよぶ緊張と敵対感を越え、新しい未来を開くとても大きな意味を持つ最も歴史的な事件であったことを認め、トランプ大統領と金正恩委員長はこの共同合意文の項目を完全に、そして迅速に履行することを約束する。

米国と朝鮮民主主義人民共和国は、今回の米朝首脳会談の成果を実行していくために、米国のポンペオ国務長官と朝鮮民主主義人民共和国の高官級関係者が率いる後続の協議を、可能な限り早い時期に持つことを約束する。

米合衆国のトランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国の金正恩委員長は、新しい米朝関係の発展そして朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全保障の増進のため協力することを約束する。

ドナルド・トランプ        金正恩

米合衆国大統領          朝鮮民主主義人民共和国国務委員長

2018年6月12日

セントーサ島

シンガポール