台風8号 沖縄は吹き返しの風に警戒を

10日 雨雲レーダー(気象庁HPより加工)

【 宮古島 台風の眼に】

宮古島地方や石垣島地方は台風8号の暴風域に入り10日午後5時前、沖縄の宮古島が台風8号の眼に入りました。

10日 雨雲レーダー(気象庁HPより加工)
10日 雨雲レーダー(気象庁HPより加工)
10日 衛星画像(気象庁HPより加工)
10日 衛星画像(気象庁HPより加工)

台風の中心が離れたあとは、吹き返しの風に警戒が必要です。

【吹き返しの風に警戒を】

10日 台風進路図(気象庁HPより加工)
10日 台風進路図(気象庁HPより加工)

非常に強い台風8号は、10日午後10時には石垣島の北の海上にあって、1時間におよそ30キロの速さで西北西へ進んでいます。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、暴風域を伴っています。今後も非常に強い勢力を保ったまま、先島諸島(宮古島・石垣島など)の北の海上を西北西へ進む見込みです。

<暴風・高波>

先島諸島(宮古島・石垣島など)では海上を中心に11日未明にかけて猛烈な風が吹き、11日明け方にかけて暴風となるおそれがあります。先島諸島(宮古島・石垣島など)の海上はうねりを伴い猛烈なしけとなっており、11日未明にかけて猛烈なしけが続き、11日昼前まで大しけとなる見込みです。沖縄本島地方では11日明け方にかけて、奄美地方では10日夜遅くは大しけとなりそうです。11日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方は40メートル(60メートル)、11日にかけて予想される波の高さは、沖縄地方は10メートル、奄美地方は6メートルの見込みです。

<大雨・雷・突風>

先島諸島(宮古島・石垣島など)では台風本体の雨雲がかかるため、11日明け方にかけて、雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。12日午前0時までの24時間に予想される降水量は、多い所で、沖縄地方は200ミリのまとまった雨となるおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

沖縄は過去に台風の吹き返しの風で何度も被害に遭っています。台風の中心が離れてもしばらくは暴風に警戒が必要です。