7日に鳴尾浜の “秋季キャンプ” を視察した金本監督が、練習後の取材で「一番、目についたのは」と真っ先に名前を挙げた植田海選手。金本監督は「バッティングも19歳にしてはかなりいいと思います。守備も、捕ってからの速さが高卒ルーキーでは別格」と目を細め、さらに「獲ってきたスカウトに感心した。足も守備もバッティングも、19歳のレベルでいう完成度がありますね」と大絶賛でした。

ただし注釈つき。「でも “19歳” というのが大前提。これが28歳と言われると、ふ~んって感じ」だそうです。とはいえ評価の高さは変わりません。「彼は実戦向きと聞いているし、きょう見て自分でもそう思いました。ホームランを狙わせるわけじゃないけど強く振らせて、振る力をつける」と展望を語っています。鳥谷選手を脅かす存在になってほしい?「まあそうですね」とのこと。

さらに「スイッチヒッターにもしたいですねえ。掛布さんの提案でもあるけど、大賛成です!」と、50メートル5.8秒の俊足を生かす計画も出てきました。「体が強くなって、筋力がついて、スイングのスピードがついたら、そこそこやると思いますよ」。嬉しくなる言葉です。

可能性に挑んでほしい19歳

植田選手のスイッチヒッター挑戦については、ことし2月の安芸キャンプで話が出ていました。覚えておられる方も多いでしょう。私も『植田、スイッチヒッター構想』と見出しをつけて書いています。2月22日のことですね。

植田選手をスイッチヒッターに、という案はないですか?と質問が出て古屋監督の目がキラリン!と輝きました。「そうなんですよ。逆のスイングをやらせてみても、うまいんですよ」。既に取り組みが始まっていると?「まだ遊びって段階ですけどね。ちょっと振らせてみたら『あ、クセもないな。スイングも悪くないな』と。小学生の時にやったことがあるらしい」

という感じです。当時の古屋監督の言葉はまだ続きがあり、植田選手本人の話も載せていますので、詳しくはこちらからご覧ください。<タイガース・安芸キャンプ《2/22》田上に王シフト!植田はスイッチ挑戦?>

この時は内野手に故障続発で、教育リーグからウエスタン公式戦へと進んでいく中、本格的にやるところまではいかずじまいでした。それにまだ、右で打つための練習のような感じだったんでしょうね。なので、この秋は満を持してのスイッチ挑戦となるかもしれません。

写真は9月のもので、今はセカンドも練習中の植田選手。泥んこ具合がいいでしょう?
写真は9月のもので、今はセカンドも練習中の植田選手。泥んこ具合がいいでしょう?

なお掛布ファーム監督は植田選手のことを「足にスピードがあり、打つ力やバットを振る力もついてきた。おもしろいタイプの選手だと金本監督に伝えました。守備は監督が実際に見て『ボールのさばき、1年目とは思えない』と言って、本人にも声かけてくれたてでしょ?」と話しています。そのあと「そうやって選手たちに声をかけてくれたので、意味のある一日になった。気持ちが変わりますよね?そういうの大切だと思う」と、鳴尾浜視察に改めて感謝の言葉でした。

また金本監督は、鳴尾浜を見て若手も使っていこうと感じたかと聞かれ「根気よく、なあなあにしないこと。ファームでいいから使ってくれと言われて、1軍ですぐスタメンは難しいけど、出来るだけチャンスと経験を与えたいと思います。外野の左バッター、多いですね。緒方もいいものを持っているし、(伊藤)隼太も守備でいい動きをしていたし、いいボールを投げている。横田はまだ時間がかかるけど、全員を1軍で使いたい感じですねえ」と答えています。

素顔はあくまで等身大の19歳

7日の練習後、取材に応じてくれた植田選手。
7日の練習後、取材に応じてくれた植田選手。

お待たせしました。きょうのスポーツ紙の1面を飾った植田選手の話です。7日の練習後、金本監督の前で過ごした一日を振り返って「アップというか、走塁練習から緊張しました」と初々しいコメント。目についた選手で一番最初に「植田」と名前が挙がったことに「嬉しいです!しっかりトレーニングと練習をやって、来年は1回でも1軍に上がれたら」と、後半の「1回でも1軍に」の部分は言葉を選んだ雰囲気でしたね。

何かアドバイスはされた?「バッティングが終わって、しっかりトレーニングして振る力をつけろと言われました。下半身をしっかりして振れるようにしたいです」。守備のさばきや走り方も、1年目にしてはいいとの評価。「まずは走塁とかでアピールしていきたいと思って、それでプロに入ってきました。そういうのもあるので、守備や走塁は大事にしていきたいです」

金本監督が来られて刺激になった?「はい、あります。ちょっとでもアピールできるようにと思って」。アピールは成功?「まあ、でも、あんまり」と苦笑い。「やれることを、いつも通りできたかなとは思います」。本当にナチュラルな植田選手。大きなことは言わない、というか言わなさすぎってくらいです。見出しになるようなコメントを誘導しようとしても乗ってきませんね。たとえば『来年はスイッチで1軍に行く!』とか。

そのスイッチヒッターについては「ああ、はい。掛布さんから話してもらったんですけど。(金本監督に)スイッチやってみるか?と言われました。足を生かせるので左の方がいいかなと。挑戦してみたいという気持ちはあります」と穏やかな受け答え。そして「挑戦してみたいです。足が生かせるので」と金本監督に答えたそうです。

フェニックス・リーグでの植田選手(左)。安芸でも先輩方に可愛がって貰いましょう!
フェニックス・リーグでの植田選手(左)。安芸でも先輩方に可愛がって貰いましょう!

“控えめ” と表現してネガティブな印象を持たれると困りますが、冷静に自分や周りを見ているというのでしょうか。つまり、行動も言動もすべてが等身大なんですね、きっと。そんな19歳の挑戦がまた始まります。早くも、冬を越えて次の春が楽しみだと感じさせてくれる、植田海選手の秋の一日でした。