Office365また障害。Microsoft 365の複数サービスがアクセスしづらい状態に

Microsoft 365にアクセスしづらい状況が発生している。

 Office365にまた障害が発生しているようだ。Office365等の稼働状況等を伝えるTwitterアカウント @MSFT365Status がアクセス障害が発生しており、現在原因調査中と投稿としている。筆者もOffice365にアクセスしたが、通信が安定しない状況となっている。Microsoft 365 Service health statusによれば、現在複数のMicrosoft 365サービスでアクセスしづらい状況等の発生を確認しており、現在調査中とのこと。

・本事象を伝える、status.office.com

MS365への通信異常を伝える告知。出典:マイクロソフト https://status.office.com/
MS365への通信異常を伝える告知。出典:マイクロソフト https://status.office.com/

--Microsoft 365 Service health status 筆者意訳--

タイトル:Microsoft365管理センターアクセスの問題

開始時間:2019年11月20日、UTC 1:13 AM

次回アップデート:2019年11月20日UTC 2:30 AM

現在の状況:お客様がMicrosoft365管理センターおよび複数のサービスにアクセスできない可能性のある問題を特定しました。当社では、すべてのサービスへのアクセスを復旧する作業を行っており、根本原因を特定した後に、より多くの情報を提供する予定です。

★11:07 障害が発生しているサービスについて追記

--https://status.office.com 筆者意訳--

タイトル:Microsoft365管理センターアクセスの問題

開始時間:2019年11月20日、UTC 1:13 AM

次回アップデート:2019年11月20日UTC 3:00 AM

現在の状況:Microsoft365Admin Center、Exchange Online、SharePoint Online、Microsoft Teams、Skype for Business、およびYammerでアクセスの問題が発生する可能性があることが判明しました。

★13:10 対象サービスにIntuneも追加。症状回復の兆しとの見解。

タイトル:Microsoft365管理センターアクセスの問題

開始時間:2019年11月20日、UTC 1:26 AM

次回アップデート:2019年11月20日UTC 4:30 AM

詳細情報:

Microsoft365管理センター、Exchange Online、SharePoint Online、Microsoft Teams、Microsoft Intune、Skype for Business、Yammerでは、この問題が断続的に発生する可能性があることが確認されています。

Microsoft Intuneもこの問題の影響を受けるが、Intuneの管理者はportal.azure.comにアクセスすることで影響を回避することができる。

これは、影響を受ける他のMicrosoft365サービスの代替アクセス方法としては確認されていない。

現在の状況:

最近のネットワークの更新により、インターネットからのユーザートラフィックがMicrosoft365サービスに到達する前に、断続的に障害が発生する可能性があることが判明しました。われわれはこのアップデートを元に戻し、緩和の初期兆候を見ている。サービス回復のために環境を監視しながら、問題の原因を検証し続けています。

★15:18 追記。本障害が回復したとのこと。