「私 日本人でよかった」の真意は如何に  

(写真:アフロ)

JR(旅客鉄道株式会社)が京都を宣伝するために作成して張り出されているポスターの謳い文句に「日本に京都があってよかった」というものがある。気に入っているのか、人気があるのか理由は定かではないが、ずいぶん長い間、この文言を繰り返し使われている。

関連記事:京都最大の裏表を暴こう―観光地としては一流だが、地域住民・子育て世代にとっては三流であるー

そんな「日本にあってよかった京都」で見つけたのは「私 日本人でよかった」である。私も実際に張り出されているポスターを見た。その瞬間、あれって違和感を覚えたが、ちゃんとしたポスターである可能性もあり得ると心をなだめ、急ぎ足だったこともありその場を通り過ぎた。

その後、ここ数日前あたりから私が見たと同じ「私、日本人でよかった」のポスターがニュースとなっている。「あれっ」という自分の違和感は主観を越えた普遍的なものであったことに気づかされる。

ポスターは、全国の約8万の神社を束ねる神社本庁が作ったもので、2011年に6万枚を作り、必要と言う神社に無料で配布すると言う。つまり、京都でたまたま話題になっただけであって、全国的な現象であると言うことになる。

#日本人でよかった。ツイッター上でこの話題が炎上している。「このポスターがナショナリズムを煽っているのではないか」とツイッター上の指摘に関してBuzzFeed Japanが神社本庁に直接聞いた所「なんとも言えないですが、そう言うものを啓発するのが目的ではなく、製作目的は、祝日の国旗掲揚を啓発するためだ」と説明している。言われて確認してみると、確かにポスターの下の方に「私日本人でよかった」と書いたフォントサイズと比べ、かなり小さく日本国旗とともに「誇りを胸に日の丸を掲げよう」と書いてある。

ポスターを作った側の本意は「祝日に国旗掲揚の啓発」なら、このポスターを見てそのメッセージを受け止める人はどれほどいるのかいささか怪しい。第一「祝日に国旗掲揚しよう」とはこのポスターのどこにも書いていない。

真意は解らないなりにはっきり言えることがある。もしもポスターの目的は神社本庁が言っている通りの「祝日に国旗掲揚の啓発」なら、ポスターとしては出来が悪すぎる。もう一つは、ポスター作成の本意は「祝日の国旗掲揚の啓発」ではない、と言うことになる。

関連記事 :

昔からあった「私 日本人でよかった」的なポスター

日本の八百万の神は嘘八百か