中岡創一さん(44)、コカドケンタロウさん(43)ともにピンとしても幅広く活動するお笑いコンビ「ロッチ」。3月には中岡さんが番組のロケ中に右くるぶしを骨折するアクシデントにも見舞われましたが、毎年恒例の新ネタライブのタイトルを「すってんこロッチ」(6月24日、25日、東京・北沢タウンホール)にするなど、常に全てを前向きな力に変えて歩みを進めてきました。コンビ仲が良い二人としても知られますが、そこにある人間関係の極意。そして、貫いてきた芸人としての矜持とは。

固執しない

コカド:ここ10年ほど、毎年単独ライブはやっているんですけど、今年は中岡君が「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)のロケで足をケガしたので、いつもとはちょっと違う流れでの準備になりました。

中岡君の機動力が著しく落ちたので、基本的には中岡君の家でネタ合わせをやってましたね。布団の上が中岡君の定位置になってました(笑)。

それとね、骨折で外での仕事に行けなかったこともあり、いつもより中岡君に時間ができた。なので、基本的には僕がネタを考えるので普段はあまりないことなんですけど、中岡君が考えた原案を僕がネタにするという流れも取り入れています。

中岡:ということなので、もしかしたら、今までよりネタの切り口が鋭くなってるかもしれませんよ(笑)。

ま、でもね、ケガをしたことで、いろいろなことを再発見できた。正直な話、それはあったと思います。

まず、骨折後にコカド君のTwitterを見たら「骨折コントでも考えようかな」と書いてくれていて。

ケガは不可抗力ですし、どうしようもないところでもあるんですけど、ケガをすることによってライブやコンビの仕事に迷惑をかけてしまうのもまた事実です。

なので、そこで「気を付けてくれよ」的な言葉が多少相方からあっても、ま、仕方ないところだとは思うんですけど、これはね、ホンマにそういう部分がコカド君にはないんですよね。

なんというのか、これは言葉遣いが難しいですけど、互いに「良い具合にプロフェッショナルじゃない」。そういう部分があって、それがコンビとしてここまでやってこられたポイントなのかなとも思います。

プロじゃないというと、だいぶ悪い印象になるかもしれませんけど「絶対にこうじゃないとダメ」という部分が少ない。この言葉の方がしっくりくるかもしれませんね。互いに、固執するものがないというか。

特に、コンビの主導権を握っているコカド君にそれがない。司令塔がピリピリしていないというのが大きいのかもしれませんね。

コカド:話し合って「絶対にこれをしないでおこう」みたいなことをコンビで言い合うことなんてないですけど、なんとなく「自分らがイヤなことはやらない」。これは貫いてきた部分かもしれませんね。それをやってまで売れたいとは思わないというか。

自分たちを追い込んで、単独ライブを年に何回もやる。もちろん、そういう形もあると思うんです。しかも、僕らはコントがメインのコンビやから、そういうやり方が合うコンビでもあるはずなんです。

ただ、そういう追い込み方をすると、せっかくここまで好きでいられたコントが嫌いになる。それは結果的にコンビにとって良くないこと。だから、変に無理をしないことが一番のポイントになっているのかなとは思っています。

今回のイベントのタイトルを「すってんこロッチ」にしたのも、なんでしょうね、使えるものは使って、効率よくというか(笑)。

骨を折ったことなんて関係ない。骨折したのはこちらの問題なんだから、それを言い訳にせずにライブを作る。

それも一つの正解だとは思うんですけど、せっかく骨を折った事実があるんだったら、それもフリにした方がいいのかな。それが僕の考えなんです。

中岡:いろいろやってきた中で、結果的に一番無理のない形。そこを見出しているんですかね。それがコンビにとって良い形だと感じてるんでしょうね。

「もっとパンチのあることをやるべき」みたいな声をいただくこともあるんです。でも「年に一回必ず単独ライブをやるというパンチの積み重ねが、実は一番効くこと」とコカド君は言っていて。そこはね、相方ながらカッコいいなと思いますね(笑)。

コカド:なんでしょうね、「なんか分からんけど、ずっといてるな…」。そう言われるのが、実は一番良いのかなとも思っています。

蓄積の力と仕事への矜持

中岡:自分らのスタンスを貫いて、それを続けていく。それがいろいろな形で伝わっていくありがたさ。それも今回のケガで感じました。

ロケでケガをして、今のご時世、それこそネットでの声とか、どんな感じになるんだろうと思っていたんです。そこが結果的にものすごくやさしかった。

「何をやっているんだ!」みたいな否定的な声や、なんならもっとキツイ誹謗中傷みたいなことがほとんどなかったんです。

コカド:本当にやさしい声が多かったみたいです。

中岡:「―イッテQ!」でやっていることがバカらしいので批判する気にもならないのかもしれませんけど(笑)、これも“蓄積の力”なのかなと。

これがね、僕が「―イッテQ!」を始めて1~2年でケガをしてたら、正直な話、もっと言われてたと思うんです。

でも、7~8年やってきてのケガ。いつも全力でバカバカしいことしかしてきてないんですけど、そこを皆さんが分かってくださっているといいますか。

比べるのはナニですけど、アスリートが必死にプレーをしていたらケガはつきもの。そんなニュアンスで、こちらも一生懸命に、皆さんに喜んでいただくためにスタッフさんとの信頼関係も築いた上でやっている。そこが伝わっている。

積み重ねてきたことで生まれた評価。頑張ってきたことへのご褒美。そんなキレイなものじゃないかもしれませんけど、そういう部分があるから「このケガは批判すべきものなのか?」という空気が出てきたのかなと感じてもいます。

ま、アスリートの例を持ち出しましたけど、世界記録を目指すのか、この上なくバカバカしい映像を目指すのか。そこはだいぶ違うんですけどね(笑)。

でも、結果、そこから何かを感じてもらえたならば、こんなにうれしいことはないと思っています。

(撮影・中西正男)

■ロッチ

1977年12月8日生まれの中岡創一と、78年8月8日生まれのコカドケンタロウが2005年にコンビ結成。ともに吉本興業の養成所・NSC大阪校出身で、当時は別々のコンビで活動していたが、2005年に「ロッチ」を結成し、ワタナベエンターテインメント所属となる。「キングオブコント」では09年、10年、15年に決勝に進出。中岡が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」に出演するなど、それぞれピンでの活動も。6月24日、25日には東京・北沢タウンホールで新ネタ単独ライブ「すってんこロッチ」を開催する。