5人にひとりのケジメ婚~嵐の二宮さん結婚の背景にある「40代から極端に上がる女性の出産リスク」

(写真:アフロ)

嵐の二宮和也さん(36)が12日、元フリーアナウンサーの女性(38)との結婚を発表されました。

約5年の交際を実らせ、嵐メンバーでは初の結婚となる。この日夜に、報道各社とファンクラブ会員向けにコメントを発表した。二宮は「一人の男としてケジメと決断」と記した。

出典:嵐の二宮和也が結婚「一人の男としてケジメと決断」(日刊スポーツ)

二宮さんの言うケジメとは

ジャニーズの先輩の歌を思い出して「ケ・ジ・メ~♪」と、ついメロディーをつけて歌ってしまいますが・・・。

5年交際した女性が現在38歳であることを考えると、二宮さんの言う「ケジメ」とは、女性の出産リスクを考えての「ケジメ」だと考えられます。

というのも、30歳代後半での出産はリスクが高まっており、これが40歳代の出産となるとさらにリスクが大きいからです。

平成26年12月12日、新たな少子化社会対策大綱策定のための検討会の資料「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」から3つのグラフと1つの表をご紹介します。

内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング(PDF)

見れば、高齢出産はリスクが高いことが手に取るようにわかる、アラフォー女性には背筋が凍るような内容のグラフの数々です。

「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」
「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」

「女性の結婚年齢と生涯不妊率の関係」から、「結婚年齢が高くなると児を持てる確率が著しく減少する」ことがわかります。

35-39歳の結婚だと30%なのが、40-44歳では驚くことに64%です。

「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」
「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」

「年齢別にみる排卵と妊娠率の関係」から、女性の妊娠率が年齢とともに著しく低下することがわかります。

「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」
「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」

「母の年齢と自然流産率」から、母の年齢が高くなるほど自然流産率が高くなることがわかります。

30-34歳だと10%、35-39歳だと20.7%、40歳以上では41.3%。言葉は良くないですが“倍々ゲーム”のようです。

「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」
「出典:内閣府 妊娠適齢期を意識したライフプランニング」

「女性の年齢と子どもの染色体異常のリスク」も参照してください。

年齢が高くなるほど頻度は上がります

交際を始めた30歳代前半の頃には考えもしなかったリスクの可能性が、年々、高まっていることが、よーくわかります。

来年(2020年)12月で嵐が活動休止となるのになぜ今、結婚?

とも思いましたが、女性の年齢が38歳であることを考えると、子どもを望むのでしたら一刻も早いほうがいいのは当然です。

二宮さんは5人にひとりのケジメ婚

さて、二宮さんのように、相手の年齢を考慮して結婚する人は、どれぐらいいるのでしょうか。

内閣府の結婚の意思決定に関する分析~「結婚の意思決定に関する意識調査」の個票を用いて~ によると

「現在の交際相手と近いうちに結婚したいと考えている理由」のグラフによると、【相手が特定の年齢になるから】と答えた男性は20.5%。

画像

結婚の意思決定に関する分析~「結婚の意思決定に関する意識調査(PDF)」

約5人にひとりが相手の年齢を思いやり、「ケジメ婚」しているようです。

優しく、男気がありますね。