新型コロナ後の未来の食と農を考える 世界の食料問題について知って欲しいこと 上

インドの穀物選別場で籾殻を整理する労働者ら(写真:ロイター/アフロ)

 国連は7月、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)による貧困の増加でこれまでの飢餓人口約8億人に加えて、今年末までにさらに2・7億人が新たに飢餓に直面すると警告しました。影響は中南米やアフリカで最も深刻で、失業により極貧状態に陥り食料不安に直面する人々が倍増しているということです。

この記事は有料です。
農家ジャーナリストが耕す「持続可能な食と農」の未来のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

農家ジャーナリストが耕す「持続可能な食と農」の未来のバックナンバー2020年10月サンプル記事

松平尚也

価格

550(記事3本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

食べ物、生命の根幹である農の世界には、食と農の未来を考える上で宝物のようなアイデアが豊富にあります。本企画では農家ジャーナリストとして研究する立場から現代の農業の潮流や政策をとらえ食と農のこれからを考えます。世界で注目されている小農や家族農業、アグロエコロジー、SDGsも紹介し、持続可能な食と農のイメージをお伝えします。また食べ物の栽培や歴史から流通、農協改革や持続可能な観光まで幅広く取り上げます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

農・食・地域の未来を視点に情報発信する農家ジャーナリスト。京都市・京北地域の有機農家。京都大学農学研究科に在籍し世界の持続可能な農や食について研究もする。NPO法人AMネットではグローバルな農業問題や市民社会論について分析している。農場「耕し歌ふぁーむ」では地域の風土に育まれてきた伝統野菜の宅配を行いレシピと一緒に食べ手に伝えている。また未来の食卓を考えるための小冊子「畑とつながる暮らし方」を知人らと出版(2013年)。ヤフーニュースでは、農家の目線から農や食について語る「農家が語る農業論」、野菜の文化や食べ方を紹介する「いのちのレシピ」持続可能な旅を考える「未来のたび」などを投稿する予定。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からさぐる(2020年11月28日時点)不破雷蔵11/28(土) 11:41
  2. 2
    「やっぱりステーキ」が持っていて、「いきなり!ステーキ」に無いもの千葉哲幸8/24(月) 12:00
  3. 3
    厳しい行動規制を課さない独自路線を取っていたスウェーデンも新型コロナに対し規制強化へ久保田博幸11/29(日) 11:44
  4. 4
    ガス vs IH、ステンレス vs 大理石…キッチンの人気対決に3.11とコロナ禍が決着をつけた?櫻井幸雄11/27(金) 11:00
  5. 5
    家族で食費2万円は可能なのか?1ヶ月の食費の全国平均はいくら?節約の3つのコツ花輪陽子7/14(火) 11:50
  6. 6
    いまどき出店ペースが上がる焼肉店「0秒レモンサワー」、繁盛が続く仕掛けとは千葉哲幸11/25(水) 14:00
  7. 7
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓7/25(土) 16:00
  8. 8
    増え続けるコロナ関連自殺。コロナ対策、経済対策、どちらも大事だ。島澤諭11/25(水) 10:45
  9. 9
    4月に拡充した高校無償化【高等学校等就学支援金制度】。7月にも重要な変更があったのをご存じですか?豊田眞弓10/5(月) 12:30
  10. 10
    共働きや高所得世帯で児童手当がなくなる可能性も。5000円の特例給付は来年度中に廃止へ 教育費準備は花輪陽子11/7(土) 7:00