これと同様のことが、29日の日本の債券市場で起きたのである。ドイツの、とある州の消費者物価指数が日本の債券を動かしたのである。