10月の全国消費者物価指数(除く生鮮)は前年比-0.7%、GoToトラベルによる宿泊料の割引も影響

(写真:西村尚己/アフロ)

 総務省が20日に発表した10月の全国消費者物価指数は、総合で前年同月比マイナス0.4%、生鮮食品を除く総合で同マイナス0.7%、生鮮食品及びエネルギーを除く総合で同マイナス0.2%となった。

 日銀の物価目標でもある生鮮食品を除く総合は、4月分が2016年12月以来、3年4か月ぶりにマイナスとなり、5月もマイナスが続いた。しかし、6月はガソリンなどエネルギー関連の下落幅が縮小し、横ばいとなり、7月も同様の横ばいに。しかし、8月は再びマイナスに落ち込み、9月もマイナスが続いた。

 そして10月は前年同月比マイナス0.7%となり、2011年3月のマイナス0.7%以来のマイナス幅となった。マイナスとなったのは上記のように3か月連続となる。

 これには、前月に続いて宿泊料が前年比37.1%の大幅下落となったことが影響していた。「Go Toトラベルキャンペーン」による宿泊料の割引が影響し、10月からは「Go Toトラベル」の対象に東京を発着する旅行が加わっていた。

 昨年10月に消費税増税が物価を押し上げた格好となっていたことから、その反動もあった。

 前年同月との比較での寄与度をみると、灯油(13.6%減)、ガソリン(9.2%減)が影響していた。

 原油先物価格をみると、WTIは4月に一時マイナスとなったが。その後、中国などの原油需要の回復などから、徐々に値を戻して、6月には40ドル近くまで上昇した。これにより、エネルギーのマイナス寄与度が縮小した。7月以降のWTI先物は40ドル近辺の膠着相場となっている。前年比ではマイナスが続いている格好に。

 大学授業料(私立)の4.3%減なども影響した。

 生鮮野菜の上昇もあったものの、総合も前年同月比マイナスに。引き続き梨などは値上がりしていた。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ