公開処刑も…日本海を荒らした「北朝鮮の海賊」の残虐度

金正恩氏(朝鮮中央通信)

日本海沿岸で、漂流・漂着が相次いでいる北朝鮮から来たと思われる木造船。産経新聞は海上保安庁の情報として、日本海沿岸に漂着した木造船の数は2018年に225隻に達し、うち5件から12体の遺体が発見されたと報じている。

原因は、金正恩党委員長が旗を振る漁業振興策の下、「日本なら100年前のシロモノ」と言われる粗末な木造船による強引な出漁にあると見られてきた。サイズが小さすぎ、構造的にも沖合での漁業に向かない木造船は、大波に遭うと簡単に転覆する。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は昨年3月、かつて北朝鮮でイカ漁に従事したことのある脱北男性のインタビューを掲載した。男性はその中で、木の葉のように大波にもてあそばれる木造船の様子を描写。「あの時の恐怖は言葉では言い表せません」と語っている。

(参考記事:「あの恐怖は言い表せない」北朝鮮の元漁師が体験した「生死の境目」

ところがここへ来て、遭難した北朝鮮漁民の少なくとも一部は、凶悪犯罪の被害者である可能性が浮上した。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋の話として伝えたところによると、現地で最近、強盗殺人を犯した6人に対する裁判が行われた。

6人は、最初から強盗目的で海に出て、陸地から遠く離れた海上で小さな漁船を襲い、漁獲物、燃料、食品を奪い、証拠隠滅のために襲った漁船の漁師を殺害したという。さらにはエンジンまで奪って、あたかも船が漂流した末に漁師が亡くなったかのように偽装した。6人には数十件の余罪があるという。まさに現代の「海賊」と言える。

目撃者のいない海上での完全犯罪のはずだったが、死んだはずの漁師が生きていて、自力で港に戻り通報したことから事件が発覚。司法当局が犯人の自宅を捜索した結果、15機のエンジンと犯行に使われた凶器が発見された。

6人は、極刑を免れないだろう。遺族や地域住民は怒りを爆発させているとされ、残忍な方法による公開処刑もありうる。

(参考記事:「死刑囚は体が半分なくなった」北朝鮮、公開処刑の生々しい実態

咸鏡北道の別の情報筋によると、今回の事件の顛末が明らかになったことを受け、司法当局は、過去の海難事故を対象に具体的な調査を行い、事故だったのかあるいは事件だったのかを判別するための捜査チームを発足させた。

漁師たちはさらなる真相究明と事件の再発防止を司法当局に求めている。陸地のみならず海でも凶悪犯罪が頻発していることは、北朝鮮国民が苦しい生活を強いられていることの現れだと情報筋は結論づけた。

(参考記事:濡れ衣の女性に性暴行も…悪徳警察官「報復殺人」で70人死亡