脱北に失敗した北朝鮮人夫婦の「究極の選択」

金正恩氏(朝鮮中央通信)

韓国統一省の統計によると、今年6月の時点で韓国に入国した脱北者は488人。このペースだと、今年中に韓国入りする脱北者の数は1000人を割り込むことになる。脱北者の減少は、朝鮮半島の緊張緩和が影響している部分もあるが、中朝両国による国境統制の強化がもたらした結果という側面が大きい。

それでも様々な理由で脱北を試みる人がいるが、厳しい取り締まりが悲しい結果を生んでしまった。

デイリーNKの内部情報筋によると、今年7月初め、中国で脱北者夫婦が自ら死を選ぶ事件が起きた。夫婦は、3年前に脱北した。中国の東北地方に住む娘のところに身を寄せるつもりで、北朝鮮から川を越えて中国に入った。ところが、中国の公安(警察)に発覚してしまった。夫婦は逮捕直前に自ら命を絶とうとしたが、夫は生き残り妻は死亡した。1ヶ月後、夫は妻の遺体と共に北朝鮮に送り返された。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は、この夫婦が脱北を試みた事情について語った。清津市(チョンジン)に暮らしていたこの夫婦には息子がいたが、今年5月に何らかの事故で死亡した。その後、妻はひどいうつ病になり娘のところに行こうと脱北しようとしたが、失敗したため、息子を後追いする形で命を絶ったという。

妻は出発前に「逮捕されたら厳しい取り調べと拷問に苦しめられ、教化所(刑務所)送りになる、そうなったら死ぬつもりだ」と言っていたと情報筋は語った。夫は現在、清津市の保衛部(秘密警察)で取り調べを受けているが、家族を相次いで失い、生きる気力を失ってしまったと伝えられている。

(参考記事:北朝鮮、拘禁施設の過酷な実態…「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

このように、脱北に失敗して自ら死を選ぶ例が後を絶たない。

昨年7月には、北朝鮮の元党幹部一家が脱北してラオス経由でタイに向かう途中の雲南省で逮捕され、北朝鮮に強制送還される途中で毒を飲み、全員が死亡する悲劇的な事件が起きている。

また、瀋陽では昨年10月、4歳の男児を含む10人の脱北者が公安当局に逮捕された。先に脱北して韓国に住む父親がテレビに出演して「北朝鮮に強制送還されれば殺される、中国で毒を飲んで死んだほうが人間らしい最期を迎えられるほどだ。韓国に無事来られるように助けてほしい」と韓国政府に救援を訴えたが、結局は北朝鮮に強制送還されてしまった。

(参考記事:中国が4歳男児ら脱北者を拘束。「毒を飲んだ方がマシ」父親が嘆く理由

国際社会の目が気になったのか、北朝鮮当局は男児とその母親を含む複数の脱北者を釈放したが、厳しい監視のもとで暮らしていることには変わりないだろう。このような脱北者に対する厳罰が、彼らに自らの命を絶たせるのだ。

(参考記事:北朝鮮の刑務所で「フォアグラ拷問」が行われている