遂に「意志の弱さ」がバレてしまった金正恩氏

金正恩氏(労働新聞より)

北朝鮮の金正恩党委員長は、核・ミサイル問題をめぐり強気な姿勢を貫いているが、ときどき弱気な一面が垣間見える時がある。弱気どころか「意志が弱い」ことすら、北朝鮮の国営メディアが公開する写真から読み取れる。

トイレにもストレス

金正恩氏は、かなりのヘビースモーカーのようだ。現地指導の際、所構わずタバコを吸っている写真を、北朝鮮国営メディアは何度も配信している。

一見、独裁者でやりたい放題と見られがちな金正恩氏だが、現地指導する際に一般のトイレを使用できず、多大なストレスを抱えていると言われる。タバコはそうしたストレスを解消する数少ない手段の一つなのかもしれない。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

禁煙が世界の潮流となる中、教育施設や化学工場でも平気でタバコを指にはさむ金正恩氏の振る舞いは、非常識と思われても仕方なかろう。とはいえ、金正恩氏はスッポン工場に現地指導した際、管理不十分という理由だけで責任者を処刑し、さらに処刑直前の激怒の動画まで公開するほど、些細なことでブチ切れる。そんな金正恩氏に「禁煙した方がよろしいのではないでしょうか?」などと進言できる人物は皆無に等しい。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導】

それでも、金正恩氏は禁煙にチャレンジしていた様子がうかがえる。今年5月30日、北朝鮮メディアは金正恩氏が弾道ミサイルの発射実験を指導したことを報じた。この時の写真を見たところ、金正恩氏のはだけた胸元に禁煙補助用のパッチ、つまり「ニコチンパッチ」らしきものが見える。

弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)
弾道ミサイルの試射を指導した金正恩氏(2017年5月30日付労働新聞より)

同日、北朝鮮の朝鮮中央通信は、「効能の高い禁煙製品であるニコチン絆創膏」、すなわちニコチンパッチが国内で開発されたと報じた。さらに、この日は世界禁煙デー(5月31日)の前日だった。

(参考記事:金正恩氏が「胸チラ」で禁煙をアピールする理由

しかし、こうまでしてアピールした金正恩氏の禁煙チャレンジも挫折に終わったようだ。

朝鮮中央通信は10月29日、金正恩氏が実妹の金与正(キム・ヨジョン)氏、李雪主(リ・ソルチュ)夫人とともに、平壌化粧品工場を現地指導したと報じた。金正恩氏は、よりによって火気厳禁のはずである化粧品工場内で平気でタバコを指にはさんでいる。

平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(朝鮮中央通信より)
平壌化粧品工場を現地指導した金正恩氏(朝鮮中央通信より)

核とミサイルの開発では異常なまでに強気な姿勢を見せていながら、こと禁煙となると、その「意志の力」は長続きしないようだ。