スポーツ界の広告王は誰だ? 1位はフェデラ-。錦織12位。ヤンキース田中66位。

(写真:ロイター/アフロ)

米経済誌フォーブスは毎年、直近1年間の収入によるスポーツ界の長者番付を発表している。この番付は年俸・賞金とスポンサーからの収入などを合計した額で順位がつけられている。

日本でも報道されているので、覚えている方も少なくないだろう。2016年6月に発表されたランキングでは1位が8800万ドルを稼いだサッカーのクリスティアーノ・ロナウド。テニスの錦織圭が3350万ドルで29位。メジャリーグの田中将大が2300万ドルで74位に入った。

このフォーブスの長者番付には収入の内訳として、スポンサーや広告からの収入額も掲載されている。

スポンサーや広告による収入額に限定して順位をつけると、長者番付とは異なるランキングになる。スポンサー、広告収入のランキングと()にフォーブス発表の長者番付を示した。

1位(長者番付4位)ロジャー・フェデラー テニス

2位(長者番付3位)レブロン・ジェームズ NBA

3位(長者番付8位)フィル・ミケルソン ゴルフ

4位(長者番付12位)タイガー・ウッズ ゴルフ

5位(長者番付5位)ケビン・デュラント NBA

6位(長者番付17位)ローリー・マキロイ ゴルフ 

7位(長者番付6位)ノバク・ジョコビッチ テニス

8位(長者番付21位)ラファエル・ナダル テニス

9位(長者番付9位)ジョーダン・スピース ゴルフ

10位(長者番付1位)クリスティアーノ・ロナウド サッカー

11位(長者番付32位)ウサイン・ボルト 陸上 

12位(長者番付29位)錦織圭 テニス

13位(長者番付2位)リオネル・メッシ サッカー ・

66位(長者番付74位)田中将大 MLB

スポンサー収入では、テニス、NBA、ゴルフ界で活躍する選手が上位を占め、長者番付トップのロナウドが10位、メッシは11位になっている。

スポーツ選手の広告への影響力などを調査しているOpendorseという米国のマーケティング会社がある。この会社が昨年6月に、スポーツ界のスポンサー・広告収入ランキングを分析して、ブログに掲載していた。

1位のロジャー・フェデラーについて「コート上での全盛期は過ぎ去ったであろうフェデラーだが、長期間、世界ランキング1位に君臨していたことが、最も市場に好まれるテニス界のスーパースターであることと結びついている」と述べている。

フェデラーが広告に関わっているのは、ウィルソン、ナイキ、ロレックス、メルセデスベンツ、ジレットなど。ナイキ、メルセデスベンツ、ロレックスとの長期契約が効いているようだ。スポンサー・広告収入は6000万ドル。

2位レブロン・ジェームズは、2016年にナイキと生涯契約を結んだばかり。契約総額は明らかになっていないが、10億ドルとの噂も出ている。ジェームズはこのほかにコカ・コーラやマクドナルドとも契約している。スポンサー・広告収入は5400万ドル。

3位は同じゴルフ界のタイガー・ウッズを抑えたフィル・ミケルソン。約5000万ドルをスポンサーや広告収入で得ている。

Opendorse社は、スポンサー・広告収入ランキング12位の錦織についてはこんな分析をしている。「錦織は過去2年間、世界ランキング8位以内にいるが、米国のメディアにはそれほど広く知られているわけではない。しかし、日本では、錦織はアイコンである」。錦織の場合は、日本企業との契約がスポンサー・広告収入ランキングを後押ししているようだ。

同社は各選手のツイートの広告価値も試算している。各選手がツイッター上で、どの程度の影響を与えるかなどの指標から推定したものだ。

フェデラーは1ツイートあたり、3万1660ドルだが、ジェームズは18万5328ドル。そして、長者番付1位のロナウドの1ツイートあたりの広告価値は25万8859ドルだという。メッシはこのブログ掲載時点ではツイッターを使用していないので、推定額も出ていない。錦織は1945ドルと推定されている。

ツイートの広告価値の推定だけでも、スーパースターたちの影響力はとてつもなく大きいことが分かる。 

その広告力、ブランド構築力の大きさゆえにだろう。米国の小児科学会では、スポーツ界のスーパースターが健康的ではない食品を広告していることと、その広告を子どもたちがよく目にしていることも警告している。