開幕5戦を4勝1敗と好発進した1998年のベルマーレ。順位も2位につけ、17歳の小松原がJリーグデビュー。「勝ちながら育てる」。そんな理想的なシーズンを進めていた。