15連戦の初戦を白星スタート。ベガルタ仙台、2位浮上!

この日も黄色く染まったスタンド(筆者撮影)

 まだ負けていない。

 中断前まで2勝2分だったベガルタ仙台は、再開初戦のV・ファーレン長崎戦でも勝利を飾り、開幕から5戦負けなし。順位もサンフレッチェ広島に次ぐ、2位に浮上した。

よく勝てたな

「よく勝てたな、という試合だった。我々が目指しているサッカーからはかけ離れた内容だった」

 渡辺監督がそう振り返った通り、立ち上がりから長崎の勢いを受ける形になった。

 相手の布陣変更(普段の3トップではなく2トップ)は「予想していた。どう食いついてくるのか見ていた」というが、そんな周到さがかえってリズムを失わせることになったかもしれない。

 守備ラインからの意欲的な攻撃の組み立ては見られず、長崎対策として組み替えた3トップの配置も機能せず、結果、セーフティなパスがミスになり、ボールロスト。シンプルに前線にボールを運ぶ長崎のサッカーに巻き込まれることになった。

 それでも先制点はきっちり奪った。

 31分、右サイドから古林がゴール前に入れたクロスは、ややオーバー。しかし、相手DFのクリアがもたついたところを西村が拾って左足で決めた。

 慌てて打たずに、2タッチした西村のフィニッシュでの落ち着きが見事だった。長崎守備陣の余裕のなさとは対照的だった。長崎が混乱していたのは、その直前、波状攻撃を浴びていたからだ。それまでの長崎ペースからモメンタムを引き戻し、攻撃の圧力を強めていた時間帯だったからこそ生まれたゴールだった。

 結果的にこれが決勝点になった。

 もっとも先制した後も、主導権を握り続けたわけではない。特に後半はむしろ長崎のゲームだったと言っていい。

「内容が悪くてもシュートを打たれてなければいいが、決定的な場面で……結果的にゼロで終わったというだけで」

 ちなみに後半のシュート数は仙台=1に対して、長崎=7。しかも、渡辺監督は相手を慮ってコメントを濁したが、ゼロで終われたのは(有り体に言えば)相手のシュートミスに助けられたおかげだった。 

「これまでなかったような崩されたシーンが多かった。それでも勝ったからOKとしていいのか……」

ほぼほぼ完ぺき

 言い換えれば、長崎にとってはポジティブなゲームだった。

90分トータルで相手の2倍のシュート(長崎=12、仙台=6)を放ち、しかもその中には超がつくほどの決定的な得点機もあったのだから、試合後の高木監督が「ほぼほぼ完ぺき」と2度口にしたのもうなずける。

 この試合で試したファンマと鈴木の2トップも機能。DFラインとの駆け引きで鈴木が抜け出し、その背後から澤田が仕掛けるドリブルも効果的だった。ちょっとファウルの多さが気になるが、それはチームのスタイル。勝つことこそできなかったが、手応えを得られた戦いだった。

「残念なゲームだったが、これを続けて勝ち点3を」

 お預けとなったJ1初勝利もそう遠くない、そう感じさせる試合だった。

7週間で15試合

 開幕から5戦負けなし(3勝2分)とした仙台は、昨季から続いているホームでの無敗記録も6試合に伸ばした。渡辺監督の継続指導の下、3-4-3も浸透。そこに新戦力が融合し、若手も台頭し……といい流れに乗っている。

 内容的には不満なこの一戦で、勝利と勝ち点3を手にできたのもその証。すべての勝利を「快勝」で飾ることはできないから、こういう勝ち点の積み上げが上位進出の条件なのだ。

 実はこの長崎戦からワールドカップによるインターバルまで、リーグ戦とカップ戦合わせて15連戦。仙台のカレンダーには、5月20日まで7週間にわたり、週2試合ずつ試合予定が書き込まれている。

 その初っ端、それも昇格してきたばかりの相手との一戦は、何が何でも勝っておきたい試合だったのだ。

 落とせないゲームをきっちりものにして、いざ! 待ち受ける14試合に挑む。

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

有料ニュースの定期購読

誰がパスをつなぐのかサンプル記事
月額324円(初月無料)
隔週1回程度
日本サッカーの「過去」を振り返り、「現在」を検証し、そして「未来」を模索します。フォーカスを当てるのは「ピッチの中」から「スタジアムの外」、さらには「経営」や「地域」「文化」まで。「日本サッカー」について共に考え、語り尽くしましょう。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

  1. 1
    「日本シリーズの家」にレオは帰って来ず:止められない、でも納得いかない。CSという劇薬に泣いた西武 阿佐智10/22(月) 7:30
  2. 2
    福岡ソフトバンクの上位指名はあるか!? アマチュアNo.1の超即戦力右腕・荒西祐大 横尾弘一10/22(月) 0:01
  3. 3
    フェニックス・リーグ 3試合連続完封勝利!《阪神ファーム》 岡本育子10/22(月) 16:00
  4. 4
    小林宏之と伊藤智仁から投球の極意を伝授された男―富山の守護神・菅谷潤哉投手《2018 ドラフト候補》 土井麻由実10/22(月) 11:30
  5. 5
    厳しさを楽しみ、経験を糧にー王者帝京大 松瀬学10/22(月) 11:47
  6. 6
    岩政大樹選手のプロサッカー選手引退に寄せて。 河治良幸10/22(月) 15:22
  7. 7
    激戦のア・リーグを制したレッドソックス・コーラ監督の卓越した戦略眼。 一村順子10/22(月) 3:59
  8. 8
    なでしこリーグの頂上決戦を盛り上げた4663人の観衆。FW籾木結花が立案した“選手発信”の集客成果 松原渓10/22(月) 17:00
  9. 9
    前田健太はワールドシリーズ、古巣の広島は日本シリーズへ。同年にそうなった日本人選手は過去3人、結果は 宇根夏樹10/21(日) 16:03
  10. 10
    これでいいのかポストシーズン:「成績不振で辞任」の監督が「日本一」の胴上げをされるかもしれない秋 阿佐智10/12(金) 7:00