8月も終わりに近づき、虫の声に季節の進みを感じることができるようになりました。ただ8月最後の一週間は暑さがぶり返しそうです。

2つの高気圧が暑さをもたらす

今までは太平洋側の地域に少しかかる程度だった太平洋高気圧が、8月26日以降、北日本にまで張り出しを強めそうです。

高気圧は空気が下降している場所で、下降するときに空気は暖まります。このため太平洋高気圧に覆われると暑くなるんですが、加えてもっと上空高いところに西からチベット高気圧もしっかり張り出しています。

2つの高気圧の効果でより温度が上がり、猛烈な暑さになりそうです。

太平洋高気圧とチベット高気圧の勢力(提供:ウェザーマップ) 筆者加筆
太平洋高気圧とチベット高気圧の勢力(提供:ウェザーマップ) 筆者加筆

西部を中心に35度を超える日が多い

8月26日から9月4日までの最高気温を見ると、8月31日までは35度以上が西部で予想されています。浜松市佐久間は6日連続で35度以上が予想されています。

8月26日から9月4日にかけての最高気温(提供:ウェザーマップ)
8月26日から9月4日にかけての最高気温(提供:ウェザーマップ)

西日本の南に高気圧がある場合、静岡県内には西から風が吹き、陸地を長くわたって暖まった空気が西部に入るので県内でも西ほど気温が上がりやすくなります。しばらく西からの風が吹きやすいため、西部で厳しい暑さが長く続きそうです。

8月26日午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)
8月26日午前9時の予想天気図(提供:ウェザーマップ)

いつも以上に意識して水分をとり、大量に汗をかいた場合は塩分補給も忘れないでください。人との距離をとれる場合はマスクを外すだけでも熱中症の対策として有効です。