8月18日は山沿いで雨量が増える

長く雨が続いていますが、8月18日は広い範囲で降るというよりは小さな雨雲があちこちにでき、特に山沿いで雨量が増えそうです。

8月18日午前9時の予想天気図を見ると、これまでは前線は東西に長くのびていましたが、8月18日は北東から南西にのびるようになります。南の太平洋高気圧が強まるため前線の中でも東側は北に持ち上がる一方、大陸で気圧の谷が深まり前線の西側は南下しそうです。

前線は静岡から少し離れるため、広い範囲の雨ではなくなってきそうです。ただ前線上の日本海に低気圧が予想されています。ここに向かって東の高気圧を回る湿った空気が流れ込むでしょう。日本海の低気圧は発達するため、ここに向かう風がだんだん強まります。強い風が山にぶつかると雨雲が発達します。特に山沿いで雨量が多くなりそうです。

8月18日午前9時の予想天気図
8月18日午前9時の予想天気図

8月18日の雨の予想をみると、降る場所がほとんど変わりません。沿岸部にも雨雲がかかるタイミングはあり、ざっと強まるところはありそうですが、山沿いはずっと雨が続き、合計の雨の量が多くなりそうです。

8月18日午前6時の雨の予想(提供:ウェザーマップ)
8月18日午前6時の雨の予想(提供:ウェザーマップ)

8月18日正午の雨の予想(提供:ウェザーマップ)
8月18日正午の雨の予想(提供:ウェザーマップ)

8月18日午後6時の雨の予想(提供:ウェザーマップ)
8月18日午後6時の雨の予想(提供:ウェザーマップ)

雨の分布を見ると、やはり山沿いが多くなる予想です。多いところで150ミリほどが予想されています。8月17日の午後7時の土の中の水分量と合わせてみてみると、土の中に水分がたくさん含まれ地盤が緩んでいるところが8月18日に雨の量が多くなることがわかります。今までギリギリ持っていた場所もあすの雨が後押しとなって土砂災害起こってしまう可能性があります。

8月18日午後6時までの24時間予想雨量(提供:ウェザーマップ)
8月18日午後6時までの24時間予想雨量(提供:ウェザーマップ)

土の中の水分の量(提供:ウェザーマップ)
土の中の水分の量(提供:ウェザーマップ)

山沿いにお住まいの方は不安を感じたり異変を感じたら避難をしてください。また、平地でも雨が強まるタイミングがあるため、気象レーダーをこまめに確認するとよさそうです。

長雨の終わりが見えてきた

長く続く雨も終わりが見えてきました。週間予報資料の高気圧を囲む等圧線に注目してください。19日や20日は東の海上までしか張り出していません。張り出しが弱く、静岡県には高気圧の縁を回って湿った空気が流れ込んでしまいます。

ただ期間の後半は北西に張り出しが強まる予想です。湿った空気は流れ込みにくくなり、この辺りから晴れる日が出てきそうです。

気象庁 週間予報資料に筆者加筆
気象庁 週間予報資料に筆者加筆

ただし南の高気圧の張り出しが強くなると暑くなります。ここ数日は気温があまり上がっていませんでしたが、再び熱中症に注意が必要な日が出てきそうです。

週間予報(提供:ウェザーマップ)
週間予報(提供:ウェザーマップ)