NTTドコモが5Gスマホ7機種を発表

NTTドコモでは3月25日より5Gサービスを開始する。撮影:筆者

ソニー「Xperia 1 II」は前モデルよりも薄くなりながら5Gに対応した。
ソニー「Xperia 1 II」は前モデルよりも薄くなりながら5Gに対応した。

NTTドコモは3月18日、新製品となる5Gスマートフォンを発表した。同社では3月25日より5Gサービスを全国一斉に開始する。

 今回発表された5Gスマートフォンは全部で7機種。

・ソニー「Xperia 1 II」

・シャープ「AQUOS R5G」

・サムスン電子「Galaxy S20」

・サムスン電子「Galaxy S20 +」

・LGエレクトロニクス「LG V60 ThinQ 5G」

・富士通「arrows 5G」

・サムスン電子「Galaxy S20 +」(東京オリンピックエディション)

 5Gになることで、いままで以上にネット接続の通信速度が高速化される。

 NTTドコモでは2020年3月には全国150箇所で下り最大3.4Gbpsの5Gサービスを提供する。従来の4Gは1.5Gbpsが最高速度だったため、およそ2倍の高速化となる。NTTドコモでは、さらに今年の夏には4.1Gpbsに進化するとしている。

 今回発表された新製品は5Gの高速化を生かした機能が注目だ。

 サムスン電子「Galaxy S20」「S20 +」、シャープ「AQUOS R5G」においては8Kで撮影できるカメラを搭載。超高精細で撮影しつつ、再生時には拡大しても画像が劣化することなく、画像を楽しめるという使い勝手をアピールしている。

 また、ソニー「Xperia 1 II」では同社の一眼デジタルカメラ「α」の技術を惜しみなく投入。世界初となる、20fpsのAF/AE追従高速連写に対応した。

 「Galaxy S20 +」においては、6月に東京オリンピックバージョンも発売となる。サムスン電子はオリンピックの公式スポンサーということもあり、オリンピックが開催される度に選手や関係者に最新のGalaxyを配布している。このモデルも選手や関係者に配布されるのだが、一般にも発売されることになった。

 実際のところ、コロナウィルス騒動により、東京オリンピックの開催自体が危ぶまれているが、「Galaxy S20 + 東京オリンピックエディション」の発売はかなり話題となりそうだ。

 今回発表された7モデルは3月25日から6月にかけて順次、発売される。

 

サムスン電子「Galaxy S20 +」の東京オリンピックエディションはゴールドカラーで背面にロゴがあしらわれている。
サムスン電子「Galaxy S20 +」の東京オリンピックエディションはゴールドカラーで背面にロゴがあしらわれている。
シャープ「AQUOS R5G」は同社初の4眼カメラで8K撮影にも対応。
シャープ「AQUOS R5G」は同社初の4眼カメラで8K撮影にも対応。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ