iPhone発売10周年。ガラケーを追ってきたアップル  石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.234

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2017/07/01(vol.234)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術」(朝日新聞出版)、好評発売中。

http://amzn.asia/adfOGI9

《目次》

1.NTTドコモが広告視聴でデータ通信量がもらえる訪日外国人SIMカード投入

━━GSMAの水面下で進む「ローミング料金撤廃」の動き

2.iPhone発売10周年。ガラケーを追ってきたアップルの歴史

━━ApplePay普及に欠かせない「対応端末」「決済端末」「プリペ」の充実

3.NTTドコモが東京・丸の内にドコモショップ初の旗艦店をオープン

━━おしゃれな内装よりも必要な「待ち時間のない店舗運営」

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.NTTドコモが広告視聴でデータ通信量がもらえる訪日外国人SIMカード投入

━━GSMAの水面下で進む「ローミング料金撤廃」の動き

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NTTドコモは訪日外国人向けのデータ通信専用プリペイドSIMカード「Japan Welcome SIM」を7月1日より提供開始した。

利用期間は15日間。プランは3つ用意され、下り最大682Mbpsで500MBと128kbpsが無制限に使える月額1700円の「プラン1700」、128kbpsが無制限で月額1000円の「プラン1000」、このサービスの特徴ともいうべき「プラン0」は128kbpsの無制限だが、さらに広告動画を閲覧したり、アンケートを行うことでデータ容量がもらえるようになっている。

すでに訪日外国人向けのプリペイドSIMカードは、数多くのMVNOが手がけており、飽和状態だ。NTTドコモとしては無料でSIMカードを配布しつつ、広告ビジネスにつなげていくことで差別化を図りたい考えだ。

ただし、動画広告を見て、データ容量をもらうのだが、デモでは30秒の動画に対して、10MBしかもらえないという、ちょっとケチ臭い設定になっていたのが気になった。もちろん、動画を見るにはWi-Fi環境が望ましく、「日本に来る前に、Wi-Fi環境で動画見て、データ容量を貯めておく」というようになっている。また、dアカウントを作らなくてはいけないなど、実際に使うにはかなりハードルが高い。

このままの仕様なら「こんなに面倒なら、素直にお金を払って、他のプリペイドSIMカードを入手する」という訪日外国人が増えそうだ。

実は、いまモバイル通信業界で、水面下で進んでいるのが「ローミング料金を安価にしよう」という議論だ。すでにヨーロッパはローミング料金を撤廃したが、その動きが世界的に広がろうとしている。

今週、中国・上海で「Mobile World Congress Shanghai」が開催されたが、世界のキャリア幹部によって「ローミング料金の低廉化」が議論されたという。

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバー2017年7月サンプル記事

石川温

価格

540(記事4本)

2017年7月号の有料記事一覧

すべて見る

日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ