世界に愛されるコンテンツをもっと世界に広めよう。櫻井孝昌さんの挑戦。

日本のコンテンツを世界と共有しよう。

櫻井孝昌さんをご存知だろうか。櫻井さんはコンテンツメディアプロデューサー、作家、デジタルハリウッド大学・大学院特任教授、という複数の肩書きを持つ(高城剛さんではないw)。これまで、世界24カ国のべ100都市以上で講演し、ファッションショープロデュース等の文化外交を行なっている人だ。

その櫻井さんが、世界中のオタクコンテンツ愛好家を集めるプロジェクト「Team Sakusaku」を始めてくださっている。Team Sakusakuは、写真共有型のSNSだ。現在は櫻井さんが世界中で直接orTwitterなどを介して知り合った多くのコスプレイヤーに対してゆっくりと告知して、参加者を募っている状態。

櫻井さん本人曰く、別にコスプレが好きとかアニメが好きとかアイドルが凄く好きというわけでは、そもそも無かったらしい。むしろ世界のさまざまな日本の文化を愛してくれるファンから教わり、徐々に詳しくなってきた、ということだ。

最近なぜか大ブームになっているジョジョ(荒木飛呂彦作のコミック作品『ジョジョの奇妙な冒険』)が、イタリアのラグジュアリーブランドであるGUCCIとのコラボレーションの相手に選ばれたことを、ご存知の読者も多いだろう。日本のアニメやコミックなどのクリエイティブは、世界に通じるのだ。しかし、肝心の日本人自身がそれをあまり理解していないし、大事にしようとしていない。隣国である韓国は、K-POPの普及を国際戦略の一環として取り組んでいるが、日本ではそうした統合的な動きはあまりみられない。日本発の江南スタイルをどんどん生み出すべきなのに。

そこで櫻井さんは孤軍奮闘して自ら外国に赴き、直接Cool Japanのカルチャーの伝道師として働いているのだ。

ぜひ、世界中のオタクコンテンツ愛好家を集めるプロジェクト「Team Sakusaku」を訪れて、世界の”オタクコンテンツのファン達”とつながってみてほしい。