「選挙の際は人に相談したらだめ!?」高校生が思う選挙のイメージとは

シンポジウムで使用したスライド

「誰に投票するか、友達と相談することが出来る。」この文章は〇か×か。

そんな○×クイズがあったっとしたら皆さんはどのように答えますか?

答えは「〇」

相談をしてもいい。

相談をしてもいいんだけど、最後にだれに投票するかを決めるのは、自分自身。

”投票先をどうするのか悩む。” ”公約の内容でわからないことがある。”

そんな時はもちろん友達と話し会ったらいい。あるいは人生の経験が豊富な親などに質問をしてもいい。

でも、最終的に決めるのは自分。

選挙ってそんなもんだ。

全国9都市で3500人以上の中高生は「×」と答える人が多い。

ところが、この○×クイズを中高生に対して行うと「×」と答える人が圧倒的におおい。

7割から8割の人が「×」と答えてしまう

昨年の12月から2月末にかけて自分は全国9都市で、18歳選挙権に関するシンポジウムを行った。シンポジウムとはいっても、固いものではない。

中高生を中心に若者が多く聞いているラジオ番組の School of Lockとの協働での企画。

自分が大枠のプログラム内容を作り、番組のスタッフの方などとすり合わせを行い90分の内容を作り上げた。

実際に番組内での二人のパーソナリティー(校長・教頭と呼ばれている)も一緒に全会場に登壇。

自分がゲストの先生という形で授業をしていきつつ、校長・教頭とゲストの女性タレントが授業を受けるという形での進行だ。この授業を3500人以上に届けてきた。

画像

 

その授業内で「小テスト」というコーナーがある。

その中の1問目で、冒頭に書いた「誰に投票するか友達と相談することができる」という○×クイズを全会場でだしてきた。

全ての会場で、×のほうに手をあげる観客が多く、全体の7割8割を占める。

この結果は良くない。

選挙・政治を遠いもの捉える若者

「選挙について人と話すのは良くないだろう。」

そんなイメージが彼らにはあるのだろう。

非常にもったいない。

正解は「〇」であると伝えた時に、彼らはかなり驚く。

「え、選挙の話してもいいんだ」って感じるのだろう。

もっともっと周りの人と話していくことが、政治や選挙を身近なものにしていく。

ドイツの政治教育に詳しい早稲田大学の近藤教授は

「政治課題などについて話すことが政治参加の一つだ」とのような発言をされていた。

また、近日NHKが行った調査によれば、

「選挙で投票することに、戸惑いや不安がある」18歳・19歳は約半数。

その理由としては、

政治についてよくわからないから(36%)

どの政党や候補者に投票すべきかわからないから(30%)

選挙の経験がないから(22%)

出典:NHKサイトより

となっている。

わからないならみんなに聞いてみる。経験がないなら経験した人に尋ねてみる。

そんなことを当たり前にして行かなければ、政治がどんどん”あっちの世界”のものになってしまう。

もっと選挙や政治について話すことをオープンに捉える社会に

政治や社会の主役は1人1人の人である。

それなのに、そんなことを感じる機会もなければ、ややもすると「タブー」のようなテーマになってしまっている。

せっかくの18歳選挙権時代、みんなが自分事として政治を捉えていくように、

政治に関わることのハードルをどんどん下げていく必要がある。

今回全国を回って身をもって感じたことは、選挙や政治に関心のある若者はいる。(当たり前のことだが)。でも、彼らがその関心を日常でクラスメイトやサークル仲間に対して、見せているかどうかがわからない。

見せていける社会の雰囲気へと変えていきたい!

このような学びを得る機会をいただいた、School of Lockの校長・教頭はじめ、関わった皆さんに感謝。

画像

ひきつづきYouthCreateも頑張ります。