レンズ一体型高級コンパクトという選択肢

●コンパクトデジカメとレンズ交換式カメラの間に位置する高級コンパクト

高級コンパクトデジカメと呼ばれるジャンルのカメラがあります。

今までは、メモ代わりに使うならコンパクトデジカメ、本気で撮るならレンズ交換式カメラという図式が成り立っていました。

ですが、最近ではすっかりメモ代わりカメラとしてのポジションにスマートフォンのカメラ機能が居座ってしまい、コンパクトデジカメの立場を危うくしています。

そんな中、台頭してきているのが高級コンパクトと呼ばれるカメラです。

コンパクトといっても、普通のコンパクトデジカメほどは小さくなく、かろうじて上着のポケットになら入れられるくらいのサイズのものがほとんどです。

その代わり、レンズとセンサー、画像処理エンジンに思い切り力を入れ、高画質と撮る楽しさを両立しているのが特徴です。

高級コンパクトの中には、一眼レフカメラやミラーレスカメラなどのレンズ交換式カメラの画質に匹敵するほどの高画質を実現しているものもあります。

高級コンパクトの画質は、とてもスマートフォンには真似できないのです。

「高画質な写真を記録したいけど、レンズ交換はめんどくさい」とか、「交換レンズを何本も買うのは予算的につらい」という人なら、いっそのことレンズ交換ができない高級コンパクトを選択するのがいいかもしれません。

●レンズとセンサーを完全にマッチングして設計しているからこその高画質

レンズ交換式カメラのメリットは、コンパクトデジカメでは得られない高画質といわれています。

確かに、多くのレンズ交換式カメラは高画質なのですが、その性能をフルに発揮するには、それ相応のレンズが必要になります。

フィルムカメラ時代の古い交換レンズでは、思ったほど高画質な写真にならないこともあります。

もちろん、そういう古いレンズの味を楽しむというのもひとつの写真の楽しみ方だと思います。

ですが、今のデジタルカメラの本当の実力を味わってみたいと考えるなら、高級コンパクトがオススメです。

高級コンパクトはレンズ交換ができません。

つまり、レンズとセンサー、画像処理エンジンがすべて最適化された状態になっているということです。

レンズを交換できないからこそ、そこに付けられているレンズに妥協できないわけです。

高級コンパクトを使ってみれば、レンズとセンサー、画像処理エンジンが一体化していることによる高画質を実感できると思います。

そうすることで、レンズ交換式カメラでもレンズのもつ役割、重要性を感じることができるでしょう。

昔から、写真はカメラではなくレンズで決まるともいわれてきました。

そういうことを再認識させてくれるのが高級コンパクトなのかもしれません。

高級コンパクトは、安さが勝負になってきている一般的なコンパクトデジカメとは違い価格もそれなりのものになってしまいます。

モデルによってはレンズ交換式カメラのレンズキットよりも価格の高いものもあります。

でも、高画質であるだけでなく、撮る楽しみ、操作する喜びが感じられる仕上がりになっているのも高級コンパクトの魅力のひとつです。

今、高級コンパクトはメーカー各社からいろいろなカメラが発売されています。

どれも撮る楽しさを味わわせてくれる楽しいカメラです。

高級コンパクトという選択肢も考えてみてはいかがでしょう。

画像

高級コンパクトを使った撮影で一番楽しいのは街スナップという気がします。

カメラを構えていても、周りの人たちもあまり気にしませんし、

なによりも交換レンズもなく、荷物が軽いのがいいです。

(2012年 N.Y  SONY DSC-RX1にて)