乳児の死亡率の実情をさぐる(2020年公開版)

↑ 乳児は非常にか弱い存在。衛生面などの環境や医療技術の改善が命を守ることに。(写真:アフロ)

経済の好調さや公衆衛生、医療技術の進歩など、社会全体にとって弱者が過ごしやすいか否かを推し量る物差しの一つとなるのが、体力が十分でない幼い子供がどれだけ生存できるかの割合。日本におけるその実情を、厚生労働省が定期的に調査・結果の発表を行っている人口動態統計の公開値をもとに、乳児(生後1年未満の子供)の死亡率の推移から確認する。

2020年9月に発表された人口動態統計(確定数)の最新値となる2019年分によると、2019年における乳児死亡率は1.9(対1000人比)。そして実際の死亡数は1654人。世界的に見ても低い値を示しているものの、わずか60年ほど前(1955年)では、日本でも1年で6万8801人が亡くなり、死亡率も39.8と高い値だった。乳児死亡率は地域・社会全体の保健水準・生活水準を指し示す指標の一つであり、環境が大いに改善されたことが分かる。

↑ 乳児死亡数・死亡率
↑ 乳児死亡数・死亡率

衛生面・経済面での生活環境改善がさらに理解できるのが、次の死因数に関する値。戦後間もなくにおいては肺炎や腸管感染症(腸炎などの感染症疾患)を起因するものが多く、1960年ですら肺炎のみで年間1万人以上の乳児が亡くなっていた。

↑ 主な死因別乳児死亡数(人)
↑ 主な死因別乳児死亡数(人)
↑ 主な死因別乳児死亡数(全死因比)
↑ 主な死因別乳児死亡数(全死因比)
↑ 主な死因別乳児死亡数(人)(2019年)
↑ 主な死因別乳児死亡数(人)(2019年)

かつては最大死亡原因だった肺炎、そして腸管感染症も医学の進歩や各種環境の向上でその数を大きく減らしている。直近年の2019年では肺炎は27人、腸管感染症は10人に留まっている。その他の要因も数的には減っており、死因全体比には大きな変化はない(件数そのものが減っているのは少子化の影響もある)。

なお2011年においては不慮の事故の件数・全体比がそれぞれ前年から2倍近くに跳ね上がっている(2010年が113人だったのに対し2011年は199人)。これは言うまでもなく同年に発生した東日本大震災によるものと考えられる。震災の影響は乳児の死因にも影を落としている。

わらべ歌の「通りゃんせ」のフレーズにある「七つのお祝いに お札を納めに参ります」は、かつては乳幼児の死亡率が高く、7歳まで生き延びることが今と比べて難しかった、無事に成長してその歳まで生きながらえたことを祝う儀式を表している、とする解釈がある。日本でも過去においては乳児の死亡率が高く、上記グラフにあるような値を示す状況にあった事実を知るとともに、昨今の環境整備・各方面の努力によって現状が支えられていることを、改めて認識しなければならない。

■関連記事:

【「赤ちゃんが泣きやまない」のはおかしくない…厚生労働省、乳幼児揺さぶられ症候群の予防と「泣き」への対処法動画など公開】

【「あと何年生きられるか」が長くなる? …「この子の七つのお祝いに」と数字が示す現実(最新)】

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。