インターネットでニュースを見る時に使う機器の実情をさぐる(2019年公開版)

↑ スマートフォンなら電車の中でも手軽にニュースを閲覧できる。(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

今や誰もが手軽にインターネットを使ってニュースを閲覧できる時代となった。それではインターネットでニュースを読んでいる人は、どのような機器を利用しているのだろうか。新聞通信調査会が2019年11月に発表した「メディアに関する世論調査」(※)の結果を基に確認する。

今調査対象母集団においてインターネットを用いてニュース(と回答者が認識できる情報)を取得している人は全体で66.8%、「毎日」の閲覧頻度で限れば42.8%に達している。その人たちに、インターネットでニュースを見る際にどのような機器を用いているのかに関し、複数回答で尋ねた結果が次のグラフ。

↑ インターネットニュースを見る時に使用する機器(複数回答、見る人限定)
↑ インターネットニュースを見る時に使用する機器(複数回答、見る人限定)

スマートフォンあるいは従来型携帯電話を用いている人が88.2%で最上位。多分にスマートフォンであることは容易に想像ができるが、今調査では分離した形での問い合わせをしていないため、実情は不明。次いでパソコンが33.8%、タブレット型端末が12.3%と続く。「その他」は家庭用ゲーム機やスマートテレビだろう。

今件の使用機器を「モバイル(従来型携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末)のみ」「パソコンとモバイル」「パソコンのみ」に区分した上で、男女・年齢階層別に確認したのが次のグラフ。あくまでもインターネットニュースを読んでいる人、つまり少なくともインターネットを利用している人に限定した割合であることに注意。

↑ インターネットニュースを見る時に使用する機器(見る人限定、属性別)(2019年度)
↑ インターネットニュースを見る時に使用する機器(見る人限定、属性別)(2019年度)

モバイルの利用率は男性よりも女性が高く、パソコンは男性の方が高い。それぞれ日常生活・就業時の利用傾向がそのまま反映されている。

年齢階層別では、全層がインターネットニュースを見るのはモバイルのみの人がもっとも多い。70歳以上ですら、パソコンのみの割合を上回っている。おおよそ年が上になるに連れてパソコンとモバイルの併用やパソコンのみの人の割合は増えていくが、モバイルのみの人を超えることはない。いかにインターネットニュースとモバイルの相性がよいかが改めて認識できる。特に18~19歳では9割以上がモバイルのみで、パソコンを使ってインターネットニュースを読んでいるとの回答者が皆無なのには、驚きを覚える人もいるに違いない。

これをインターネットニュースの利用者ではなく、全体比を算出した結果が次のグラフ。それぞれの機器の普及率も反映されたもので(該当端末を利用する立場になければ、当然インターネットニュースを見ることはできない)、利用実態を把握するのにはこちらの方が分かりやすいかもしれない。

↑ インターネットニュースを見る時に使用する機器(全体比、属性別)(2019年度)
↑ インターネットニュースを見る時に使用する機器(全体比、属性別)(2019年度)

全体比でも18歳~40代は過半数がインターネットニュースをモバイルのみで見ている。パソコン使用者(パソコンのみとモバイルとの併用者の合算)は一番多い50代でも34.2%に留まっている。パソコンとの併用も合わせたモバイル利用者では、30代は9割を超え、7割超えなら18歳~50代となる。モバイルの利用者におけるインターネットニュースを見る頻度までは分からないものの、端末の利用傾向からは、決して低い頻度では無いことは容易に推測できる。インターネットニュースにおけるモバイルの利用実情として、大いに注目すべき結果には違いない。

■関連記事:

【更新】新聞系をもしのぐポータルサイト最強伝説-よくみるニュースサイト

ニュースのためのテキスト系メディア、一番読まれているのは紙の新聞? それともネットのニュース!?

※メディアに関する世論調査

直近分となる第12回は2019年8月23日から9月10日にかけて住民基本台帳からの層化二段無作為抽出法によって抽出された18歳以上の男女個人5000人に対して、専門調査員による訪問留置法によって行われたもので、有効回答数は3051人。有効回答者の属性は男性1467人・女性1584人、18~19歳58人・20代296人・30代390人・40代540人・50代490人・60代538人・70代以上739人。過去の調査もほぼ同じ条件で行われている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。