電話による通話回数の推移をさぐる(2019年公開版)

↑ 今でもビジネスなどでは固定電話で通話の機会も多いが。(写真:アフロ)

固定電話の設置世帯は減り、携帯電話も「携帯できる電話」では無く「通話もできる携帯情報端末」との認識が強まる昨今。電話での通話の利用回数はどのような実情にあるのだろうか。総務省が2019年3月に発表した調査結果「通信量からみた我が国の音声通信利用状況-平成29年度における利用状況-」(※)から確認する。

それによると直近年度となる2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)における、日本国内の音声通信回数は総数で821億8000万回。前年度の856億8000万回から4.1%の減少となった。

↑ 通信回数(通話、国内、種類別、億回)
↑ 通信回数(通話、国内、種類別、億回)
↑ 通信回数(通話、国内、種類別、対総回数比率)
↑ 通信回数(通話、国内、種類別、対総回数比率)
↑ 通信回数(通話、国内、種類別、前年度比)
↑ 通信回数(通話、国内、種類別、前年度比)

直近年度では各様態区分別においてはIP電話が唯一プラス圏にあり、前年度比でプラス3.9%を記録している。他方、固定系はマイナス10.1%、携帯電話・PHSはマイナス3.5%に。

携帯電話の動きが2012年度以降マイナスに転じたことが気になる人もいるかもしれない。これは音声通信回数全体の減少と同じ理由で、電話を使ったコミュニケーション手段が、音声通話からデジタル(電子メールやチャット、ソーシャルメディア経由)にシフトしつつあるのが要因と考えられる。「携帯電話・PHS」項目に含まれるPHSもかつては契約数を順調に伸ばしていたが、それも2014年からは減少に転じ、携帯電話の通話利用減少状況をさらに後押しする形となった。

↑ PHS契約数(万件)(~2018年9月)(総務省の公開情報から作成)
↑ PHS契約数(万件)(~2018年9月)(総務省の公開情報から作成)

携帯電話も契約数そのものは増加の一途にあるが、それに反して「携帯電話全体でも」音声通信回数は漸減を続けている。

知人との間はもちろん親子でも手持ちのモバイル端末で、音声通話では無くデジタルを用いた意思疎通に重点が置かれるようになりつつある。通話よりもハードルが低く気兼ねがいらない、記録保全が容易なのが大きな要因。携帯電話は今や「携帯情報端末」であり、従来メインのはずの「電話(による通話)」機能は「必要不可欠に違いないものの、最多利用機能では無い」存在となりつつある。

今後さらに「通話減少」の動きは加速化していくに違いない。しかしそれがそのまま人と人とのコミュニケーションの減退を意味していることにはならない。単に手段が新しいツールに移り変わりつつある、より便利な手法がより多く用いられるようになる。ただそれだけの話に過ぎない。

■関連記事:

増えるSNS、減るメールや通話…大学生のコミュニケーションを探る

世界中で使われなくなる郵便、固定電話、そして対面でのやり取り(2012年発表版)

※通信量からみた我が国の音声通信利用状況-平成29年度における利用状況-

日本国内の電気通信事業者からの報告を取りまとめたもので、対象事業者は兼業している事業者も含め発信側で区分すると、固定系関係9社、ISDN系8社、公衆電話系4社、IP電話系20社、携帯電話系11社、PHS系7社、国際電話関係7社。過去の調査結果も同様の様式で取りまとめられている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。