新ツアー構想、ミケルソンは「興味深い」!?ゴルフ統括団体すべてを敵に回しても立ち上げる?立ち上がる?

(写真:ロイター/アフロ)

PGAツアー(米ツアー)に対抗する新ツアーを立ち上げるという驚きの構想は、さまざまな情報が交錯し、混沌としている中、その名称がPGL(プレミア・ゴルフ・リーグ)からSLG(スーパーリーグ・ゴルフ)とあらためられ、米ゴルフ界と世界のゴルフ界を大きく揺さぶっている。

すでにPGAツアーのジェイ・モナハン会長は「新ツアーに参加した選手は、即刻、出場停止処分。永久追放もあり得る」と厳罰を口にしている。

SLGは、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンやブルックス・ケプカ、ブライソン・デシャンボーなどPGAツアーのスター選手たち10名ほどにすでに接触し、破格の移籍料をちらつかせながら引き抜きを試みている様子だ。

ビッグマネーをオファーされている選手たちの誰もがノーコメントを貫いているのだが、その中の一人であるフィル・ミケルソンは米メディアの取材に応え、「(SLG構想は)とても興味深い」と語った。

「(SLGなら)年間のスケジュールをあれこれ調整しなくて済む。年間14〜15試合に(シンプルに)出るだけでいいのだから、そう考えると、とても興味深い」

もちろん、ミケルソンがSLGに参加すると明言したわけではないが、ローリー・マキロイやジャスティン・トーマスがSLGへの参加をきっぱり否定しているのに対し、ミケルソンが参加を否定しなかったことは、PGAツアー関係者を驚かせている。

昨年、PGAツアーと戦略的提携を結んだ欧州ツアーは、言うまでもなく「PGAツアーと協調しながらSLGに対抗していく」と語ったが、他のゴルフ関連団体がどんな姿勢を見せるのかが注目されていた。

そんな中、欧州ゴルフの総本山であり、全英オープンを主催するR&Aは「我々は米欧両ツアーをサポートする」とコメント。

全米オープンの主催者であるUS GA(全米ゴルフ協会)も「私たちはPGAツアーとの長年のパートナーシップを誇りに思う」と語り、オーガスタ・ナショナルも「マスターズ・トーナメントは米欧両ツアーを誇りを持ってサポートする」、全米プロやライダーカップを主催するPGAオブ・アメリカも「私たちは米ツアーと欧州ツアーをフルサポートしていく」という声明を出した。

これで、ゴルフ統括団体のほぼすべてが既存のPGAツアーと欧州ツアーの側に立ち、SLG側には立たないという姿勢を示したことになり、SLGに移籍したらメジャー大会に出る資格やチャンスも失う可能性がきわめて濃厚になった。

それでも「大金がもらえるなら」ということでSLGを選ぶ選手は、果たしているのかどうか。果たしてSLGは立ち上がるのか?今後の動向から目が離せない。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(日曜、朝7時30分から7時45分)、山梨放送(月〜金17時25分から17時30分)で放送。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「北京五輪当時、私も不調のなか選ばれた…」結果論で批判される野球代表選考 東京五輪メンバーを分析上原浩治6/17(木) 11:30
  2. 2
    引き分け激増のプロ野球。古の「引き分け0.5勝、0.5敗」ルールなら、現在の順位は?菊田康彦6/17(木) 8:00
  3. 3
    なぜ“韓国のメッシ”イ・スンウは東京五輪代表メンバーから外れたのか?金明昱6/17(木) 11:38
  4. 4
    井上尚弥がラスベガス再登場で戦う「もうひとつの相手」とは三浦勝夫6/17(木) 7:10
  5. 5
    「交流戦の本塁打王」はそのシーズンの本塁打王を獲得しているのか。今年の最多は7本塁打の4人宇根夏樹6/17(木) 15:29
  6. 6
    西野ジャパンの快進撃から3年 ロシアW杯日本代表メンバーの明暗分かれる去就元川悦子6/17(木) 8:00
  7. 7
    ポット分けから、森保ジャパンが最終予選で対戦する可能性のある国は?【キルギス戦出場選手採点&寸評】中山淳6/17(木) 11:30
  8. 8
    WBCヘビー級タイトルマッチ「タイソン・フューリーvs.デオンテイ・ワイルダー第3戦」前の両者の言葉林壮一6/17(木) 0:01
  9. 9
    大谷翔平はこれからますます勝負を避けられる!? トラウトに続いてレンドーンもいなくなれば…宇根夏樹6/16(水) 17:00
  10. 10
    好投翌戦なのに投球フォームを変更。ホークス武田翔太は、なぜ振り被るのか田尻耕太郎6/17(木) 7:30