祭りの後の余韻ならぬ物議。ANAインスピレーションの勝敗を分けた「壁」の是非

この青い「壁」の是非が取り沙汰されている(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 祭りの後は心地良い余韻に浸りたいもの。だが、女子ゴルフのメジャー大会、ANAインスピレーションの後日談は、なにやら物議を醸している。

「あの壁は本当に必要だったのか?」

 そんな声が上がり、「壁」の是非が取り沙汰されている。一体、どういうことなのか。

【唐突な「壁」】

 「あの壁」とは、大会の舞台であるミッションヒルズCCダイナ・ショア・トーナメント・コースの18番グリーン奥側に立てられていた青い看板のことだ。

 「壁」というほど頑強なものではない。トーナメント会場には当然ながら大会スポンサーの名前やロゴを付した看板があちらこちらに立てられており、取り沙汰されている「壁」も、広告的な看板の1つだった。だが、すでに米メディアは「グレート・ウォール・オブ・ダイナ」と皮肉めいた呼称を記して批判的な記事を発している。

 なぜ、この「壁」が取り沙汰されることになったのか。

 優勝した韓国のイ・ミリムは、最終日の18番(パー5)で果敢に2オンを狙った。5番ウッドで打った彼女の第2打は、グリーンをヒット後、転がってこの「壁」に当たって止まった。そして、無罰でドロップ後の第3打のチップショットがそのままカップに沈み、チップイン・イーグルで首位に並んだ。

 優勝争いはプレーオフにもつれ込み、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ネリー・コルダ(米国)との三つ巴を制したイが、勝者に輝き、少々躊躇いながらポピー池にダイブした。

 だが、72ホール目でイが打った第2打は、ややヒール側に当たったショットで、どちらかと言えばミスショットに近かった。

「もしもグリーン奥にあの「壁」が無かったら、転がって池に落ちていたかもしれない。そうなっていたら、結果は異なっていたのではないか。首位を走っていたコルダが勝利していたのではないか」。そう指摘する声が上がっているのだ。

 とはいえ、その「壁」は昨年も立っていた。だが、昨年は18番グリーン奥の巨大なギャラリースタンドとグリーン面を隔てる境界として、その壁が横長に渡されており、プレーやプレーヤーを保護する意味でも、逆に打球から観衆を守る意味でも、その位置にその「壁」が必要であることは、誰の目にも明白だった。

 しかし、コロナ禍で無観客試合だった今年は、18番グリーン奥にギャラリースタンドは設置されておらず、それなのにその「壁」だけは唐突に立っていた。しかも、昨年より横長になって左右に張り出していた。しかも、その位置は昨年よりグリーンに近づいていて、プレーに関わる度合いは明らかに高まっていた。

【これは「使える!」】

 それならば、優勝したイは、本当にその「壁」の恩恵に預かったのかと言えば、イ本人いわく、答えは「イエス」だ。

「間違いなく『使える!』と思って、練習日には、あのボード(壁)を活用するショットを練習していました」

 イのバッグを担いだキャディも、72ホール目の攻略プランを、こう明かした。

「2打目は4Iと5Wのビトウィーン(中間の距離)だった。僕らは5Wでグリーンの真ん中をヒットして、そのまま転がしてボードに当てて止めて、フリードロップして寄せるつもりだった」

 そう、イと彼女のキャディは、練習日の段階から「壁」の活用を考え、そのための練習もして備え、そして優勝争いの大詰めの肝心の場面で、その「壁ショット」に挑み、見事、成功させて勝利への道を突き進んだのだ。

 とはいえ、物議を醸しているのは、「壁」を活用したイが、あるいは彼女の攻め方が「いいのか、悪いのか」ではない。

 というのも、「壁」を利用した選手はイだけではなく、優勝争いをしていたヘンダーソンも72ホール目で「壁」を使ってボールを止め、寄せワンでバーディーを奪ってプレーオフに絡むことができた。

 だが、72ホール目でフェアウエイを外し、2オン狙いを断念せざるを得ず、レイアップして、パーどまりとなったコルダは「壁」の恩恵に預り損ね、その結果、プレーオフに持ち込まれて敗北したことになる。

【無欲だが、貪欲】

 だからなのだろう。米メディアは「グレート・ウォール・オブ・チャイナ(万里の長城)」になぞらえて、その「壁」を「グレート・ウォール・オブ・ダイナ」と皮肉めいた呼称で記し、「ギャラリースタンドがないのに立てられていたあの壁は無用の長物だった」と批判的に指摘。

 全英女子オープンで優勝したソフィア・ポポフが米LPGAのメンバーではないことなどから、結果的に今年のこのANAインスピレーションや全米女子オープンに出場できないことをあらためて持ち出し、「(この『壁』は)女子ゴルフのさらなる汚点」と痛烈に批判している記事もある。

 ジュニア時代からコルダと親しくしている米男子ツアー選手のジャスティン・トーマスは「メジャーの最終ホールとしては酷いセットアップだ」と怒りを込めてツイートした。

 この大会の勝敗を分けるプロセスにおいて、その「壁」がモノを言ったことは確かだ。しかし、その「壁」を活用したイや他選手の攻め方が批判される謂れは決してない。そこに「壁」があったことは、選手には何の責任も関係もない。

 そして、「壁」であれ、「看板」であれ、何であれ、そこにあるものを活かしてプレーすることは賢いプレーであり、それを意図して活用するプレーが、ここぞという場面で本当にできたことは、勇敢であり、賞賛に値する。

 もっとも「壁」の是非を取り沙汰しているのは、米メディアや男子選手、一部のファンという具合に「外野」ばかりだ。

 惜敗したコルダは「フェアウエイを外したことが私の失敗でした」と振り返り、「壁」の是非や「壁」を活用することの是非を語る以前に、2オンを狙える状況に持っていけなかった自分の失敗を悔いていた。

 そんなグッド・ルーザーの潔い姿こそが、祭りの後の良き余韻である。

 優勝したイの勝利は「私はメジャー大会もレギュラー大会も同じ1つの大会だと思っているから、メジャーだからというプレッシャーは無かった」という無欲の勝利だった。だが、使えるもの、活かせるものは何だって活用するというプレーヤーとしての貪欲さが、彼女に「壁」を活用させ、彼女を勝利へ導いた。

 それが、すべてだ――。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    志高きRIZINのエース・那須川天心のボクサー転向の刻は近づいている。だがその前にどうしても武尊戦を近藤隆夫9/29(火) 9:25
  2. 2
    ”オール欧州組”となるオランダ遠征。日本代表のメンバーを大予想河治良幸9/29(火) 16:15
  3. 3
    冨安健洋にミランが興味、守備強化が課題で最適の人材? 本田圭佑以来の移籍はあるか中村大晃9/29(火) 7:22
  4. 4
    正代だけじゃない秋場所を盛り上げた力士たち。千代の国の十両優勝と業師・宇良の復活劇飯塚さき9/29(火) 7:00
  5. 5
    『RIZIN.24』で那須川天心に敗れた皇治が「武尊の方が強い」と発言した真意とは──。近藤隆夫9/28(月) 10:10
  6. 6
    防衛に成功したWBCミドル級王者、ジャモール・チャーロ陣営の言葉林壮一9/29(火) 0:01
  7. 7
    26年の騎手生活にピリオドを打った山本康志のこれまでとこれから……平松さとし9/29(火) 6:30
  8. 8
    「バカげたスーパーファイト」と揶揄されるパッキアオvsマクレガーが実現に向かう理由三浦勝夫9/29(火) 11:43
  9. 9
    【2020ドラフト候補】指名漏れの悔しさをバネに!打率4割超(OPS1超)、小山一樹の驚異的な進化土井麻由実9/29(火) 11:30
  10. 10
    NBA名物オーナーがホームレスになった元選手に差し延べた愛の手菊地慶剛9/29(火) 16:32