全米プロ初日。なぜ、タイガー・ウッズは「ほんの少し長い」新パターで好発進できたのか?

エースパターを「ほんの少し長い」新パターに持ち替え、初日に好発進を切ったウッズ(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 今季最初のメジャー大会、全米プロが開幕した。

 初日、5アンダー、65で回り、首位に並んだのはオーストラリア出身で2015年の同大会覇者ジェイソン・デイと米国出身で通算3勝ながらメジャー未勝利のブレンドン・トッドの2人だった。1打差の3位タイには、同大会3連覇を狙うブルックス・ケプカを含む9人がひしめいている。日本人選手は松山英樹がイーブンパーで48位タイ、石川遼が2オーバーで90位タイ。

 だが、この日、最大の注目を集めたのは、やっぱり、この人、タイガー・ウッズだった。

 今大会はウッズにとって今季わずか5試合目、今年わずか3試合目と極端に少なく、なかなか試合に臨めなかった原因は、2月のジェネシス招待の際に発症した腰痛が尾を引いていたからだ。

 今大会の舞台、TPCハーディング・パークは深く重いラフが選手たちを苦しめる。サンフランシスコの冷たい空気は選手たちの飛距離を落とす。そんな難条件に試合経験の不足と腰の状態、さらには44歳という年齢が加われば、この全米プロでウッズがメジャー16勝目を挙げることは「きわめて難しい」と見る向きは、開幕前には多かった。

 しかし、蓋を開けてみれば、初日のウッズはスタートホールの10番でバーディーを先行させ、5バーディ、3ボギーの2アンダー、68で回り、首位と3打差の20位タイと好発進を切った。

【今までのパターより「ほんの少し長い」】

 初日の午前中は風も気温も穏やかで、それがウッズの好発進を助ける要因の1つになった。だが、ウッズの好プレーを可能ならしめた最大の要因は、ウッズが握った新パターのおかげだった。

 TPCハーディング・パークにやってきたウッズが新しいパターを握ったことは、開幕前から大きな話題になっていた。ウッズのパターといえば「スコッティ・キャメロンのニューポート2」と相場は決まっていた。これまでウッズが挙げたメジャー15勝のうちの14勝は、このパターで手に入れたものだった。

 しかし今大会では、このエースパターとそっくりだが、少しだけ違う別のスコッティ・キャメロンを起用。

 何が違うのかと言えば、開幕前は「ヘッドにウエイトをコントロールできるアジャスターが付いていることだけが違う」と米メディアは報じていた。

 だが、ここ数年、ウッズにしばしばパットのレッスンを施しているスティーブ・ストリッカーは「これまでのパターより少し長いパターだ」と、一目で見抜いた。

 初日のラウンドを終えたウッズ自身も「今までのパターより、ほんの少し長いんだ」と、新パターの違いを明かした。そして、「ほんの少し長い」ことが、ウッズ好発進の最大のカギだった。

【功を奏した「理由は2つ」】

 なぜ、パターが「ほんの少し長い」ことが、好発進を支えたのか。その理由は2つある。

「このパターは、今までのパターより、ほんの少し長い。僕のサンドウエッジとほぼ同じだ。僕は(フロリダの)自宅で練習するときは、いつもサンドウエッジでパットしている」

 ウッズにとっては、その感覚が「一番しっくり来る」そうで、そのサンドウエッジと同じ長さの新パターを握ったことは、全米プロというメジャー大会の戦いの場でありながら自宅練習の再現のような錯覚を覚え、それが功を奏したという。

 そして、もう1つ。今までのパターより少しでも長いパターなら、前傾姿勢がわずかながら浅くてすむため「ほんの少しだけど、これまでより長く練習できる」。

 それは、4度の手術を受けたとはいえ、いまなお腰に問題を抱えているウッズにとっては、何より嬉しく、何より役立つことだった。

「再びパットの練習ができ、時間を有効に使うことができ、この大会にしっかり備えることができた」

 TPCハーディング・パークは、ウッズが2005年に世界選手権シリーズのアメリカンエキスプレス選手権を制した場所であり、2009年プレジデンツカップで5戦全勝を挙げた思い出の場所でもある。

 しかし、「腰に爆弾を抱えた44歳のウッズにとって、その相性の良さやグッド・メモリーは、もはや昔話」と厳しい見方をしていた米メディアも見受けられた。

 相性云々はさておき、深く重いラフは若い選手にとっても強敵であり、そこに風雨が加われば、コースはさらに難敵になる。

 とりあえず初日のウッズは「ほんの少し長い」パターで、悪条件、難条件をなんとか跳ね除け、好発進を切った。果たして、その状態をサンデーアフタヌーンまで維持できるのかどうか。残る3日間が楽しみだ。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    久保建英のライバルになる?レアルのトップチームでデビューした“韓国系”マルビン・パクって一体何者?金明昱9/23(水) 7:00
  2. 2
    身長175cm未満で体重120kg以上のメジャーリーガー。それだけでも一見の価値はあるが…宇根夏樹9/23(水) 9:02
  3. 3
    挑発を続け「主役」となった元K-1皇治は、『RIZIN.24』那須川天心戦で何をするつもりなのか?近藤隆夫9/23(水) 8:03
  4. 4
    カワサキ新型「ZX-25R」 等身大で楽しめるスーパーバイクの魅力佐川健太郎9/23(水) 7:18
  5. 5
    トヨタvsプジョー、さらに多くのメーカー参戦か?未来のル・マン24時間レースの姿を探る辻野ヒロシ9/23(水) 17:04
  6. 6
    決戦間近。WBCミドル級王者、ジャモール・チャーロに挑むセルゲイ・デレフヤンチェンコの言葉林壮一9/23(水) 0:01
  7. 7
    なぜ今なのか? シーズン残り5試合でエンジェルスからの離脱を決めたアンドレルトン・シモンズの謎菊地慶剛9/23(水) 15:20
  8. 8
    日本一は目指せない? 慶應義塾大学・栗原徹ヘッドコーチの「配分」とは。【ラグビー旬な一問一答】向風見也9/23(水) 6:00
  9. 9
    2チームで打率0割台だった選手が、3チーム目で「救世主」になる!?宇根夏樹9/23(水) 15:20
  10. 10
    なぜラグビーW杯はサッカーから半世紀以上遅れての開催となったのか。【ラグビーW杯の歴史】永田洋光9/23(水) 4:30