大丈夫だろうか?心配されるプレジデンツカップの現場

ウッズとリードと言えば、何かと縁のある2人だが、今回のつながりは喜ばしくない(写真:ロイター/アフロ)

今週のプレジデンツカップは大丈夫だろうかと気になっている。何が大丈夫かって、あのパトリック・リードの2ペナ事件が想像以上に波紋を巻き起こしているからだ。ご存じない方々のために、かいつまんでお知らせ、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2019年12月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事11本)

2019年12月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    【川上哲治と落合博満の超打撃論その2】「せっかく獲ったのだから使え」という球団代表の命令から三冠王へ横尾弘一7/2(木) 12:00
  2. 2
    クロノジェネシスの斉藤崇史調教師と1頭の秋華賞馬、そして北村友一騎手との偶然と運平松さとし7/2(木) 6:30
  3. 3
    [高校野球]名将にも、駆け出しの時代があった/広陵・中井哲之監督の場合楊順行7/2(木) 0:01
  4. 4
    【川上哲治と落合博満の超打撃論その1】「ボールが止まって見えた」の真実横尾弘一7/1(水) 12:00
  5. 5
    史上初の「親子メジャーリーガー」◆両先発投手がともに15イニングを「完封」…【7月2日のMLB】宇根夏樹7/2(木) 6:30
  6. 6
    バンタム級最強を目指すWBO2位マロニーに直撃「井上尚弥に勝てると信じています」杉浦大介7/1(水) 9:01
  7. 7
    新リーグへは25チームが参加。振り分けは? ホームスタジアムは?【ラグビー旬な一問一答】向風見也7/2(木) 6:00
  8. 8
    カブスのホーム試合にシーズン開幕から観客が入るかもしれない特別な理由と隠れたオーナーの副収入菊地慶剛7/2(木) 13:01
  9. 9
    ついに今月末からNBAが再開林壮一7/2(木) 0:01
  10. 10
    ウィーラーは「ヤンキースと読売」でプレーした何人目? トマソン、ガリクソン、松井秀喜、マギー…宇根夏樹7/1(水) 15:33