渋野ブームの賜物でウエルカムだが、それだけではなく、是非とも広まってほしいこと

渋野に限らず、プロゴルファーの社会貢献をもっと発信し、伝えていくべきだ(写真:Motoo Naka/アフロ)

先日、渋野日向子が小児病院を慰問したことが報じられていた。女子ツアーの「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」では、宮城県立こども病院への慰問が2000年から始まり、2004年からは数名の選手、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2019年9月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事11本)

2019年9月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    WBA、IBF王者ウィリアムズが地元でKO負けの大波乱 混乱するSウェルター級、真の覇者は誰か 杉浦大介1/23(木) 12:30
  2. 2
    モータースポーツ映画としては異例!「フォードvsフェラーリ」が高い評価を受ける理由 辻野ヒロシ1/23(木) 17:20
  3. 3
    東京五輪出場権を獲得した韓国「下部リーガーたちの反乱」とは? 慎武宏1/23(木) 7:06
  4. 4
    「タイガー・ウッズのための変更か?」と忖度も指摘され、揺れ始めた世界ゴルフ殿堂 舩越園子1/22(水) 12:35
  5. 5
    菅野に千賀、上野由岐子だけじゃない!今年の「鴻江キャンプ」は若手逸材の宝だらけだった! 田尻耕太郎1/22(水) 8:57
  6. 6
    プロ野球OBのファン交流イベントが3月福岡で。元西武・石毛氏や元巨人・入来氏らが参加 田尻耕太郎1/22(水) 15:32
  7. 7
    東京五輪にまだ間に合う!”森保ジャパン”未招集のスーパータレント 河治良幸1/18(土) 10:19
  8. 8
    日本サッカー協会との比較もあるが…韓国の「12年・240億円」の契約は得か損か 慎武宏1/21(火) 16:41
  9. 9
    MLB殿堂入り投票「B・ボンズは今回も落選だが、将来は別ルートで可能性あり?」 豊浦彰太郎1/22(水) 9:22
  10. 10
    女子セリエAに挑戦したなでしこリーガー。國澤志乃が直面した2つの“人生初”と、激動の5カ月間 松原渓1/22(水) 7:00