タイガー・ウッズが締め括りで、それもまた良し!

歴史を刻んできたタイガー・ウッズ。あの騒ぎも、ある意味、歴史の節目?(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

先日のヒーロー・ワールド・チャレンジで、タイガー・ウッズのダブルヒット(二度打ち)がちょっとした騒動になった。大会2日目の18番、ウッズはティショットを右のブッシュに打ち込み、茂みの下から、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2018年12月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事10本)

2018年12月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

  1. 1
    丸佳浩が長距離砲に。巨人移籍後も本塁打量産が期待できるスラッガー化の裏付け 岡田友輔1/22(火) 9:08
  2. 2
    平成の新人王。20年前に受賞した2人は今も現役 宇根夏樹1/22(火) 6:00
  3. 3
    小枝守さん逝去。1992年夏、甲子園準優勝を思い出す 楊順行1/22(火) 8:03
  4. 4
    勝利とは別に、圧倒されたという事実の重みを考えるべき【サウジアラビア戦出場選手採点&寸評】 中山淳1/22(火) 20:30
  5. 5
    皇帝の息子、ミック・シューマッハのF1デビューは近い?父ミハエルとのキャリア形成の違い。 辻野ヒロシ1/22(火) 17:23
  6. 6
    危機をしのぎ「博打のような読み合い」制した錦織圭。勝機を引き寄せた、新ルールへの“解釈力” 内田暁1/18(金) 21:01
  7. 7
    トランプ大統領が言っているとおり、あの投手は殿堂入りに値するのか 宇根夏樹1/22(火) 17:18
  8. 8
    誰でもヤマハを理解できる話。清宮克幸監督、ラストゲーム後に。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也1/22(火) 19:31
  9. 9
    移籍が活発ななでしこリーグ。長野の本田美登里監督が見据える正念場のシーズンとチーム再生プラン(2) 松原渓1/22(火) 17:01
  10. 10
    “森保ジャパン”を韓国はどう見ている?ベテラン記者に聞いたアジアカップ中間評価 慎武宏1/21(月) 12:03