27年間、刑務所で描き続けたゴルフ場の絵がきっかけで冤罪が晴れ、自由の身。“ゴルフ”がもたらした勝利

これはオーガスタナショナルの写真。ゴルフの魅力が一人の男性の人生を救った(写真:ロイター/アフロ)

 米ゴルフ界は、プレーオフ最終戦で優勝争いを演じているタイガー・ウッズの復活優勝への期待で盛り上がっている。だが、その傍らで、ウッズのニュース以上に大きな注目を集めるこんなニュースもあった。

 殺人罪の汚名を着せられ、27年間、服役していた米国人男性が、刑務所内の自由時間にゴルフコースの絵を描き続け、それがきっかけとなって冤罪を晴らすことができ、ついに自由の身になったという話だ。

 この男性は、バレンティノ・ディクソンさん、現在48歳。1991年に殺人の容疑で逮捕され、有罪判決を受けて、「全米でも屈指の悪名高き刑務所」と囁かれるニューヨーク州内の刑務所に入れられた。

 以後、ディクソンさんは無罪を主張し続けてきたが、その声はなかなか届かず、判決が覆されることはなかった。いつしか男性は戦い続けることに疲弊して、半ば諦めた状態で服役していたという。

 そして、与えられた自由時間に写真や本などを見ながらゴルフコースの絵を自己流で描くことが唯一の楽しみになった。

 大のゴルフ好きだったというわけではない。ゴルフクラブを握ったことは、ただの一度もなかったそうだ。もちろん、ゴルフコースそのものに足を踏み入れたこともなかった。

「でも、どうしてだか、ゴルフコースの美しい姿に心を惹かれ、それを描くことで心が癒された」

 “代表作”は、オーガスタナショナルの絵。色とりどりのパステルで描かれたディクソンさんの作品に注目したのは米国のゴルフ雑誌「ゴルフダイジェスト」だった。

 雑誌社の記者が刑務所を訪問してディクソンさんの作品を見ながら話をしているうちに、ディクソンさんが無罪を主張していること、冤罪であることを聞き、その記者と同社が主体となってディクソンさんを社会へ戻す働きかけを開始した。

 それから6年が経過した今年の9月19日、無罪となったディクソンさんは、ついに自由の身となり、青空の下に立った。

 全米、いや世界中の注目を集めた冤罪事件の1つだが、冤罪を晴らすきっかけになったのがゴルフコースの絵画で、冤罪を晴らす手助けをしたのがゴルフ雑誌というところは、ゴルフ界に身を置く者にとっても嬉しいニュースである。

 ディクソンさんがゴルフコースの美しさに心を惹かれたこと、それを描くことで心が癒されたこと。ゴルフにそういう魅力とパワーがあってくれたからこそ、ディクソンさんの冤罪を晴らすきっかけにもなってくれたと言っていい。

 プレーオフ最終戦、ツアー選手権のメディアセンターにも同社から派遣されている記者がいる。ブライアン・ワッカー記者は、この一件に対して、こんな感想を抱いている。

「アメイジング・ストーリー(素晴らしい話)だ。ディクソンさんが自由の身になったこと、そしてゴルフがこれほどのパワーを発揮できたことが、ゴルフジャーナリストとして、とてもうれしいし、驚きでもある。

 

 わが社の僕の同僚でもあるゴルフジャーナリストのマックス・アドラーが、ディクソンさんの絵画のことを知って、ディクソンさんに会い、冤罪を晴らすために動き出してから今年で6年。長い歳月だったが、その間、諦めずに戦い続けたアドラー記者とディクソンさん、両方の情熱がもたらした勝利だ。

 

 そして、2人の情熱を手助けしたものがゴルフだったことが、僕は何よりうれしい」

 

 私も、まったく同感である。素晴らしいゴルフの世界が世の中にあってくれて、本当に良かったと、あらためて思う。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    東京五輪にまだ間に合う!”森保ジャパン”未招集のスーパータレント 河治良幸1/18(土) 10:19
  2. 2
    WBA&IBFスーパーウエルター級タイトルマッチ、間もなくゴング 林壮一1/18(土) 0:01
  3. 3
    久保建英とウーデゴール…レアル・マドリー復帰が噂される2選手を徹底比較。 森田泰史1/18(土) 11:13
  4. 4
    どのチームに春の吉報が届くか?  24日にセンバツ選考会 森本栄浩1/17(金) 22:50
  5. 5
    優勝盾はタスマン海を越えるか。ニュージーランド初のプロ球団、オークランド・トゥアタラの快進撃 阿佐智1/18(土) 7:30
  6. 6
    U-23日本代表の惨敗がA代表に及ぼす影響とは 深刻な事態に直面した森保体制の今後 元川悦子1/17(金) 10:00
  7. 7
    グレーゾーンに明確な境界線。野球の醍醐味を損うハイテク時代のサイン盗みの功罪を考える。 一村順子1/18(土) 7:27
  8. 8
    トヨタ・ヤリスWRCを社長が自らドライブし、観衆が大興奮!トヨタが切り拓く新しい道。 辻野ヒロシ1/17(金) 16:40
  9. 9
    必見! パリ・サンジェルマンが脅威の「ファンタスティック4」を生かすトゥヘルの新戦術で独走態勢 中山淳1/17(金) 11:30
  10. 10
    カープV戦士から韓国で悲劇のエースに 故・福士元投手を描いた映像作品を美大生が公開 室井昌也1/17(金) 11:28