タイガー・ウッズとフィル・ミケルソンが同組で回ることの意味と意義

今年のマスターズでは一緒に練習ラウンドしたが、試合で同組は今週が4年ぶりとなる(写真:ロイター/アフロ)

今週は「第5のメジャー」、プレーヤーズ選手権がフロリダ州のTPCソーグラスで開催される。そして、開幕前の話題は予選2日間のペアリングに集中している。

タイガー・ウッズとフィル・ミケルソンが2014年の全米プロ以来、4年ぶりに同組で回るからだ。ウッズとミケルソンと言えば、ひと昔前なら、しばしば同組で回り、熱い死闘を演じていたが、最近では4年間も同組が無かったのだなあと、今さらながら、つくづく思う。

もちろん、そうなった最大の理由は、ウッズが腰の手術を受け、戦線から離れた日々が続いたからではあるのだが、よくよく考えてみれば、ちょうど4年前ぐらいからウッズもミケルソンも優勝争いを演じる機会が減っていき、仮に2人が同じ試合に出ていたとしても、2人をあえて同組にするスリルや面白みが減っていたために、米ツアーやメジャー大会主催者側は、わざわざ2人を同組にしなくなっていたのである。

ともあれ、「過去にウッズとミケルソンが一緒に回ったのは36回(25大会)もあり、その中でウッズの平均スコアは69.66、ミケルソンのそれは 69.88と僅差。だが、勝利数はウッズが7勝も挙げたのに対し、ミケルソンは2勝だけだ」という記録が米メディアによって記されている。

【ミケルソンの記憶】

その36回の中で、ミケルソンが最も強く印象に残っていると語ったのは、2000年の全米オープンだった。ペブルビーチで開催されたあの全米オープンは、最終的にはウッズが2位に15打差を付ける圧勝となり、ミケルソンはウッズから21打差の16位タイに終わった。

当時、ミケルソンはウッズと同じ時代にプロゴルフの世界に居合わせてしまった自身の運命を深刻に考えたりもしたそうである。

「2000年の全米オープンが一番、僕の心に残っている。一体どうしたら、このウッズとの戦いに勝てるのかと、あのころは本気で思い、自分が直面していた現実が信じられず、信じたくないと思った。15年前は、それが本当に心に突き刺さった」

【私の記憶】

だが、ウッズとミケルソンの戦いと聞いて、私がすぐさま思い浮かべるのは2002年のべスページでの全米オープンだ。

2000年のペブルビーチでミケルソンはウッズの圧倒的な強さに絶句させられたと今になって明かしたが、当時の2人はいろんな面で激しく競り合っており、そのせいもあって2人は犬猿の仲だとまで言われていた。

そして、2人はべスページで勝利を競い合い、どちらも本当に本当にいいプレーを見せ、そして勝利したのはウッズ。ミケルソンはまたしても全米オープン優勝のチャンスを逃し、全米オープン優勝は彼の悲願となった。

だが、3打差で惜敗したミケルソンにベスページの大観衆は本当に優しく、ギャラリースタンドからバースデーケーキを掲げ、ミケルソンのためにみんなが「ハッピー・バースデー・トゥ・ユー」とバースデーソングを合唱し、ミケルソンは悔しさを噛み締めながら一生懸命に笑顔で頷き、、、、そんな光景が今でも鮮やかに思い出される。

ミケルソンは負けてしまったが、あの2002年の全米オープンは本当にいい戦いで、ファンにとっても、私にとっても、忘れがたき大会になった。

【一味違うドラマ!?】

ウッズとミケルソンがともに回るということ――それは、ひと昔前なら熱い闘志をぶつけ合う死闘だったが、その中にお互いのリスペクトがあったからこそ、人々の心を打つ戦いになった。

そして今、ウッズは42歳、ミケルソンは47歳。経験と齢を重ねた2人は、今週のTPCソーグラスで、ひと昔前とは一味違うドラマを披露してくれそうな予感がする。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    U-23日本代表の惨敗がA代表に及ぼす影響とは 深刻な事態に直面した森保体制の今後 元川悦子1/17(金) 10:00
  2. 2
    はじめの一歩の誕生秘話「ボクシング漫画はずっとやりたくなくて」作者が語る驚きの経緯 木村悠1/17(金) 6:00
  3. 3
    アルゼンチン人コーチが語る「U23アジア選手権を振り返って」 林壮一1/17(金) 0:01
  4. 4
    カープV戦士から韓国で悲劇のエースに 故・福士元投手を描いた映像作品を美大生が公開 室井昌也1/17(金) 11:28
  5. 5
    必見! パリ・サンジェルマンが脅威の「ファンタスティック4」を生かすトゥヘルの新戦術で独走態勢 中山淳1/17(金) 11:30
  6. 6
    トヨタ・ヤリスWRCを社長が自らドライブし、観衆が大興奮!トヨタが切り拓く新しい道。 辻野ヒロシ1/17(金) 16:40
  7. 7
    ローマの「呪い」に襲われたザニオーロ、20歳の至宝を勇気づけた主将のクロワッサン 中村大晃1/17(金) 7:34
  8. 8
    日本代表の強化指針「ジャパンズウェイ」は誰が発案し、なぜ復活したのか? 宇都宮徹壱1/16(木) 9:06
  9. 9
    課題は選手でなくチームのプロ化 ラグビー界がサバイバルするための道 大島和人1/16(木) 11:35
  10. 10
    橋岡大樹、小川航基、田中碧、齊藤未月……東京五輪の切符をつかむのは誰? 清水英斗1/16(木) 17:46