マスターズのビターなドラマは残酷で、、、、

あの日、あの15番はガルシアにとって悪夢だった。心に受けたダメージは深い。(写真:ロイター/アフロ)

セルジオ・ガルシアの心の傷が少々心配になっている。今週のテキサス・オープンでは「もう大丈夫」と笑顔で言っていたにも関わらず、“らしくない”プレーぶりで、あえなく予選落ちとなった。なぜ、何が、、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2018年4月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事6本)

2018年4月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

  1. 1
    大迫の「9.5番」起用で劇的変化を。西野ジャパンの選択肢を探る 杉山茂樹5/27(日) 17:54
  2. 2
    現役レジェンドがQB、コーチ、父親の視点から見たアメフト騒動 三尾圭5/27(日) 7:46
  3. 3
    チューが松井秀喜を抜き、アジア生まれの通算本塁打トップに。3位はイチロー、5位は現監督 宇根夏樹5/27(日) 12:16
  4. 4
    カノーの出場停止後、マリナーズが動いた。「最もポストシーズンから遠ざかる球団」の称号を返上するために 宇根夏樹5/27(日) 15:27
  5. 5
    レアル・マドリーが前人未到のCL3連覇を達成。勝敗を分けたジダン采配と「BBC」の決定力。 森田泰史5/27(日) 11:02
  6. 6
    10連覇目指す帝京大学のキャプテンは秋山大地。敗戦から「生活」を見直し。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也5/27(日) 8:00
  7. 7
    錦織圭、ローランギャロス(全仏テニス)でトップ10復帰への狼煙を上げることができるか!? 神仁司5/27(日) 6:00
  8. 8
    2018シーズン注目のニューモデルを斬る!その(2)アスリートの足を得た「MT-09 SP」 佐川健太郎5/27(日) 10:25
  9. 9
    ルーキーとか関係なし。スローガンであるWE READYの象徴となった馬場雄大 青木崇5/27(日) 1:58
  10. 10
    【NHL】ホームラン王のハーパーも大興奮! 創設1年目のベガスがスタンレーカップファイナルに進出!! 加藤じろう5/26(土) 22:00