愛読者とのランチの会で考えさせられたゴルフ界フレキシビリティの必要性

ゴルフ業界の向上発展には何が必要か。帝王ニクラスも考え、ファンも考えている。(写真:ロイター/アフロ)

日頃から愛読者として私を応援してくださっている方々との赤坂でのランチの会にお邪魔した。先日のトークショーで感じたのと同様、今日も新鮮で強い刺激を受けた。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2018年1月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事8本)

2018年1月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

  1. 1
    今年の日本女子ゴルフQTが韓国選手にはある意味ラストチャンス!?例年の倍となる大量エントリーのワケ 金明昱8/16(木) 7:00
  2. 2
    「石川祐希、柳田将洋、もうひとりは…」韓国バレー界の“貴公子”が語る日本男子バレーの強さ 慎武宏8/16(木) 7:07
  3. 3
    先発投手が1球しか投げずに降板。故障はしていないにもかかわらず。過去にはベーブ・ルースも4球で交代 宇根夏樹8/16(木) 16:26
  4. 4
    西純矢投手のガッツポーズ問題から考える 感情表現の是非と必要な配慮 大島和人8/15(水) 18:39
  5. 5
    アジア大会初戦で露呈した森保式サッカーが日本をミスリードする恐れ 杉山茂樹8/16(木) 14:30
  6. 6
    キム・ヨナ、イ・スンヨプ、あの選手は……引退した10人に3人は「無職」という韓国の現実 慎武宏8/15(水) 7:00
  7. 7
    なでしこジャパンの世代交代は成功したか。フランスW杯に向けての強化を考える。 森田泰史8/16(木) 6:30
  8. 8
    8強ならずもニュー愛工大名電、SKB47で夏の甲子園30年ぶり勝利 楊順行8/16(木) 20:39
  9. 9
    大阪桐蔭8強  次は浦和学院と対戦! 森本栄浩8/16(木) 22:50
  10. 10
    昨年のオールスター・ゲームで脚光を浴びた審判が、歴代単独2位に浮上 宇根夏樹8/16(木) 11:36