負けてもカッコいい人

2年前の全英オープンでも先週のCJカップでも惜敗したが、それでも彼はカッコいい(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

韓国で初開催された米ツアー大会、CJカップはジャスティン・トーマスの勝利で幕を閉じたが、惜敗したマーク・リーシュマンは「いい人生を歩んでいる」「負けてもカッコいい」と感じるのは、私だけだろうか。

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2017年10月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事5本)

2017年10月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

  1. 1
    「また戻ってきます!」 3年ぶりに来日した元阪神マートンがみせた日本への無償の愛と神への忠誠 菊地慶剛9/19(水) 15:38
  2. 2
    米PGAツアー、ボーナス15ミリオンへ、大幅値上げ!やっぱり出元は「埋蔵金」? 舩越園子9/19(水) 6:46
  3. 3
    グアルディオラの恩師がイニエスタを指導。リージョはヴィッセル神戸で「化学反応」を起こせるか。 森田泰史9/19(水) 6:13
  4. 4
    南アフリカ代表撃破から丸3年。「もう、よくねーか?」の論。【ラグビー雑記帳】 向風見也9/19(水) 20:40
  5. 5
    えっ、ホント?メイウェザーvsパッキアオ2 年内開催の信ぴょう性 三浦勝夫9/18(火) 22:27
  6. 6
    ドラフト会議に向けて“ラストオーディション”ーBC選抜チーム対NPBファーム 土井麻由実9/19(水) 11:30
  7. 7
    殿堂入りブラディミール・ゲレーロのトレードマークは、超有望選手の息子ではなく甥へ。そのわけを聞く 谷口輝世子9/19(水) 7:18
  8. 8
    「二足のわらじ」を履く男―江草仁貴氏(阪神〜西武〜広島)【後編―社長業】 土井麻由実9/18(火) 11:30
  9. 9
    1年で2つの24時間耐久で優勝した日本チーム「TSR」。世界耐久選手権に彼らが挑む理由とは? 辻野ヒロシ9/19(水) 18:44
  10. 10
    海の向こうで感じること アルビレックス新潟シンガポール選手鼎談(前編) 平野貴也9/19(水) 8:00