森友学園 籠池氏が緊急入院 でも「刑事裁判への小休止だ」

入院中の籠池泰典氏と妻の諄子さん(筆者撮影)

 森友学園の前理事長、籠池泰典氏(66)が緊急入院した。「命に関わる」とまで言われたというので、いったい何が起きたのか病院を訪れたが、すっかり元気を回復したようだ。24日に東京で予定されているシンポジウムと講演には「必ず出る」と言う。

検査のつもりが緊急入院

 ことの発端は先週15日。しばらく前から熱っぽいなあと感じていたところ、この日に症状が悪化し、おしっこが出なくなった。翌16日、検査のため病院を訪れ、すぐに帰るつもりでいたが、白血球と肝機能の数値が非常に悪いことが判明。診断名は「前立腺炎」。医師から「敗血症になってどこで倒れてもおかしくない。入院しないと命に関わりますよ」とまで言われたという。

 そこですぐに緊急入院となったが、籠池氏は森友学園をめぐる補助金事件で保釈中の身。1泊を超える外泊をする場合は裁判所の許可を受けなくてはならない。医師に診断書を書いてもらい、大急ぎで裁判所に提出して許可を受けたという。

一日中眠り続けた

 そこまで体調が悪化しているという自覚はなかったが、実際に入院してみると、ひたすら一日中眠り続けたという。本人が語る。

「このところ、競売にかけられた自宅が解体されて更地になったり、系列の保育園の建物も解体が始まったり、ストレスになることが多かった。知らないうちに疲労がたまって、体内にも毒素がたまってたんでしょうな」

丸山穂高議員の戦争発言で一句

 きのう18日から少し元気を取り戻した籠池氏。時事問題への目配りは欠かさない。戦争発言で日本維新の会を除名された丸山穂高衆議院議員について、得意の句をひねった。

維新の会 正体現し 夏近し

 夏はもちろん参院選を指す。

 入院中は妻の諄子さんができる限りそばに付き添っている。諄子さんについても一句。

我が妻の 顔にこやかに 五月晴れ

 夫婦仲の良さは変わらない。

籠池夫妻はいつも一体だ(筆者撮影)
籠池夫妻はいつも一体だ(筆者撮影)

森友学園の幼稚園児の姿におもわず涙腺が

 きょう19日は神戸まつりの日。森友学園が運営する塚本幼稚園の園児たちは毎年、神戸まつりのパレードに参加している。しかし籠池夫妻は、おととしは騒動の真っ只中で、去年は逮捕・起訴されて拘置所の中で、パレードを見ることができなかった。

 ことしは園児たちの晴れ姿を見たい。ところがこの緊急入院。やむなくテレビ中継で見守ることにした。様々なグループがパレードに出ている。午後2時過ぎ、塚本幼稚園の順番が回ってきた。テレビの画面を食い入るように見つめる籠池夫妻。思わず涙腺がゆるんだのか、目をしばたたかせていた。

塚本幼稚園のパレードを見守る籠池夫妻(筆者撮影)
塚本幼稚園のパレードを見守る籠池夫妻(筆者撮影)

相澤)園児たちのパレードを見てどう感じました?

諄子さん)そんなん、聞かれただけで涙出るわ。みな立派でした。胸が一杯です。

籠池氏)ようやってくれてるなあと感じますね。神戸まつりのパレードへの参加は40回を超えます。子どもたち、OBの子、保護者の皆さん、先生方、そして今の理事長(長女の町浪氏)、みんなが協力してやってくれている。おととし、去年と大変なことがあったけれど、変わらず出ているのはすごいと思います。

森友学園の幼稚園は塚本幼稚園(筆者撮影)
森友学園の幼稚園は塚本幼稚園(筆者撮影)

気力体力を充実させ、いざ刑事裁判へ

相澤)今回の入院をどう受けとめていますか?

籠池氏)小休止やね。自分でも気づかないうちにためこんでしまった疲れを癒やして、体内の悪いものもすっかりなくなった。気力がみなぎってきましたよ。

諄子さん)これからの刑事裁判を前にエネルギーを充電できたと思います。神様が頭と体を休ませてくださったと感じています。死ななくて良かった(笑)。鬼の霍乱ですね。

 最後に、恒例になりつつある「ここで一句」をお願いした。籠池氏がひねった句は

気力成り 二天一流 燕返し

 二天一流は剣豪、宮本武蔵の兵法。燕返しは佐々木小次郎の得意術だ。入院で元気を取り戻し、2人の剣豪のように見事な闘いを、裁判で検察と繰り広げる気力がわいてきた、という意味を込めたという。

 今週は24日に東京・文京区で、26日に横浜で、いずれも籠池夫妻を招いてのシンポジウムや講演が行われる。夫妻はいずれも「必ず参加します」と語る。そして来週29日から大阪地裁で補助金事件の刑事裁判が再開される。籠池夫妻の闘いは続く。

「小休止」で気力体力充実(筆者撮影)
「小休止」で気力体力充実(筆者撮影)