Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「記憶に残るいい試合に」 倉商野球部、市長に交流試合勝利報告 /岡山

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 兵庫県西宮市で行われた「2020甲子園高校野球交流試合」に出場した倉敷商野球部の伊丹健部長と原田将多主将(3年)ら4人が21日、倉敷市役所を訪れ、伊東香織市長に15日の仙台育英(宮城)戦での勝利などを報告した。 【真夏の熱闘】交流試合の写真特集はこちら  伊丹部長は「多くの声援をいただき、甲子園で楽しく野球をできた。記録には残らないかもしれないが、記憶には残るいい試合だった。(新型コロナウイルスの影響によるセンバツ中止など)いろいろあったが、生徒たちの今後につながる1年間だった」と報告。伊東市長は選手らに花束と記念品を渡し、「倉商らしい野球がのびのびとでき、市民に元気をくれたと思う。最後に甲子園で勝利できたのは素晴らしい」と健闘をたたえた。  報告後、原田主将は「甲子園に行った実感が少しずつわいてきた。勝ちと負けとでは天と地ほどの差があるが、倉敷市民を喜ばせることができてよかった」と話した。【岩本一希】

【関連記事】